廃業及び業務移管のご挨拶

突然のお知らせになりますが、私儀一身上の都合により令和3年12月31日を以って「不動産共同センター」を廃業いたすことになりました。

平成11年12月に開業してから22年が経ちました。

その間、皆様方には並々ならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。

今後の業務につきましては、株式会社アライブ様が私共の業務を引き継ぐ予定でおります。

改めて、廃業する経緯等をこの場でお伝えできればと考えておりますが、取り急ぎご報告申し上げます。

ご迷惑をお掛けするお客様が多いことも承知しておりますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

【業務移管先】

株式会社 アライブ

住所 〒997-0024 鶴岡市朝暘町3-6

電話 0235-23-7589

メールアドレス メールはこちらへ

URL 株式会社アライブの公式サイトへ

――――■■□―――――――――――――――――――□■■――――

突然の廃業のご挨拶でびっくりされた方もいらっしゃったと思います。

前から決まっていた事でしたが、大家さんや入居者さん等へのご挨拶が終わり、ようやくホームページでご報告する事ができました。

ただ、まだご挨拶にお伺いしていないお客様もいらっしゃいますので、来週中には必ずお伺いしてご説明させて頂きます。

そもそも、55歳で廃業(リタイア)すると決めていたのは、22年前に開業した当初からでした。

22年前、前職の「協同組合不動産共同センター」が解散する時、私のお腹には次男がいました。

転職する事は難しいと思いました。 しかし、出産してから仕事を探す余裕はありません。

どうしようか、と思っていたところ「引き継いで独立したら。」と声をかけて頂き今に至ります。

その時に、子供達が社会人になる55歳まではがむしゃらに働こう!と決めました。

自営業ですから休みがない事も当たり前。

仕事があるだけ本当にありがたいと思いました。

無我夢中で働きました。

そして55歳になり、このまま仕事を続けるか、一旦休むか考えた結果が廃業でした。

廃業しよう。と決めた理由には2つありました。

まず1つが、仕事を続けていくのが恐くなったこと。

昨年、コロナの影響があってか売買仲介の件数が開業当初ほどに落ち込みました。

「ひまだな~」とのんびり過ごしていたのですが、今年になり元に戻ると、仕事の段取りがつかめません。

何を確認して、何をするのか、スムーズに動けなかったのです。

契約日の前日の夜中「あっ、確認していない!」と飛び起きる事もありました。

今まで考えられない初歩的な確認ミスです。

幸い大事には至りませんでしたが、もし気がつかず、大きなミスが起きた時の事を考えるとゾッとしました。

また、賃貸の仕事は細かい配慮、目配り、気配りが必要です。

今までは自分でも納得できる仕事をしてきましたつもりですが、最近は違います。

全てのお客様を把握する事ができず、「気がつかなかった」「忘れてしまった」事が増え自己嫌悪になる事が多くなりました。

このまま、出来ない自分に自己嫌悪しながら仕事を続けなくても、今まで自分なりに頑張ってきたんだもの、もう良いんじゃないか。そう思うようになりました。

そしてもう1つの理由が、自分の時間が欲しくなった事です。

今までの22年、仕事と子育ての毎日でした。 その事に後悔はありませんし、充実した22年間でした。

「趣味は仕事です。」と言い切れるくらいに、大変なこともありましたが、嬉しい事、楽しい事の方が多かったです! 本当に幸せだったと心から思います。

ただ、子供達が手をはなれ、自分のために時間を使っても良い時期が来たように思いました。

少しのんびりしたくなったんですね。 大家さんはじめ、お客様にご迷惑をお掛けすることは分かっていましたが、我がままさせて頂く事にきめました。

しかし、決めたとはいっても「はい、やめます。」と言うわけにはいきません。

今まで大切な財産を任せて頂いた大家さん、ご縁を頂いた入居者様、そして信じてお任せ下さった売主様、買主様。

お客様にご迷惑をお掛けしないように引継ぎしなければなりません。

昨年あたりから、引き継いで下さる方がいないか声をかけていましたが、手を上げてくれる方はいませんでした。

しかし、今年に入り株式会社アライブさんが「引き継ぎます。」と言って下さり業務移管することに決まりました。

元々㈱アライブさんは、自社で中古住宅を購入しリフォームして販売する不動産会社です。その売却を私共で仲介させて頂いてきました。

ですから、賃貸は新規の業務になります。

そこで、業務移管するにあたっての条件が「お客様の引き継ぎが終わり、事業がスムーズに進むまでフォローすること。」でした。

これは私も問題ありません。

私の我がままでお客様にご迷惑をお掛けすることは避けたかった。

いつまでになるかは分かりませんが、繁忙期を迎える時期でもありますので、しばらくの間は非常勤で㈱アライブさんに勤務することになります。

その後の進路は決まっていません。

その時の自分の気持ちを大事にして、前に進んでいきたいと思っています。

本当に今までありがとうございました。

言葉に出来ないほどの幸せを頂きました。 感謝しかありません。

恩返しするのは難しいけれど、皆様のご健勝とたくさんの幸せが舞い込みますよう心からお祈りしております。

本当に、本当にありがとうございました!!

不動産共同センター 早坂 春香