山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net




 

早坂のひとり言

2017/8/17(木)

こんにちは。早坂です。

今日から仕事開始です!
朝から、修理依頼の対応やアパートのお問い合わせ、メールの返信とバタバタ過ごしていたらもうこんな時間。(夕方6時)

ボーっと過ごした休み中と、明らかに時間の進み方が違います。w( ̄▽ ̄;)w

久し振りに頭を使ったら、私の頭もボーっとしてきましたのでそろそろ帰るとします。

13日に帰省した長男は、「明日バイトがあるから帰る。」そうで、今日はリクエストに答えてお寿司を買って帰ります。
(子供達喜ぶ&母ちゃんもラクチン♪)

明日も忙しい1日になりそうですが、しっかり頭を切り替えて頑張らないといけません。
頑張るぞ!!←掛け声をかけないと動けないお年頃になりました。ヽ(TдT)ノ

2017/8/9(水)

こんにちは。早坂です。

夏季休暇前にしなければいけない仕事は全て終えました。
とりあえず一安心です。

しばらくお休みしておりませんでしたので、この夏季休暇中はゆっくり休み8月後半からの仕事にガッツリ向き合えるようにしたいと思っています。

どうぞ楽しい夏休みをお過ごしください☆

2017/8/5(土)

こんにちは。早坂です。

不動産業に携わり20年になります。
最近変わってきたな、と思うことに隣地との境界確認があります。

以前でしたら、地積測量図があり、その寸法どおりにブロック塀等の構築物があれば境界杭がなくても、隣地の方に確認して頂き、写真を撮り、それを境界確認としてきましたが、最近は「ちゃんと印(境界杭やプレート等)をつけて下さい。」と、隣地の方に言われることが多くなりました。

ですから、今は、売主様にお渡しする「売却した場合の手取額計算書」に、地積測量図や境界杭がない場合は測量費用を、測量図があっても境界杭がない場合は境界杭の設置費用を、諸経費として計上するようにしています。

そして、測量図があっても、そのとおりの寸法があるかどうかの確認はしなければなりません。
たまにビックリする事がありますが、そんな時は土地家屋調査士さんに詳細な調査を依頼します。

不動産取引に関して言えば“不動産業者の感”といいますか、何でもないような事でも「これはもっと、ちゃんと調べておいたほうが良いかも。」と思うことがあるものですが、境界等に関して言えば、経験がないだけに“感”が働きません。

私が「多分、大丈夫だろう。」と思ったことが、大丈夫ではなかった・・・なんて事があれば大変な事になります。
少しでも引っかかることがあれば、プロの力を借りてでもキチンと解決しなければなりません。

これから、売買案件の動く時期に入りますので、気持ちを引き締めて仕事にむかいます。

毎日、暑い日が続きますがどうぞご自愛ください☆


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved