山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net




 

早坂のひとり言

2018/1/19(金)

こんにちは。早坂です。

昨日書いた「将来発生するかもしれない、見えないリスク」。
特に、中古住宅を売買する際には注意しなければなりません。

まず初めに、中古住宅の場合、購入後様々な修理が発生する事を必ずお伝えします。

契約時に、売主様より「状況確認書(告知書)」を記載して頂き、現在壊れている箇所、気になるところ等があれば報告して頂きますが、細かいところまで気が付かない事もあります。(古い建物ですと書ききれない場合もあります。)

また、引き渡し時までは使用できていたのに、買主様が引っ越して間もなく壊れた。なんて事も起きます。

ですから、くれぐれも「購入後、様々な修理が発生することが考えられますが、あくまで買主様の費用負担で修理又は交換して頂く事になります。」と伝えなければなりません。

私が必ずお伝えするのは

@白あり被害・・・実際に表にでていなくても床下が被害にあっているケースがありますので、その旨をお伝えします。

なお、「被害がありそう。」と思える場合には、事前に業者さんに点検していただき、被害の有無、もし被害がある場合には修理、駆除にかかる費用の見積りを事前に準備します。

Aボイラー交換・・・ボイラーを設置して10年を超えている場合は、近いうちに交換が必要になりますので、その旨は必ずお話します。
引っ越して間もなく壊れた。という事が多いものボイラーの故障です。

また、冬期間空き家になっていた場合、凍結していることもありますので注意が必要です。(引き渡し前に使用確認をしてもらうのがベストです。)

Bタイル張りの浴室の場合・・・ほぼ間違いなく白アリ被害、木部が腐食しています。
近い将来、ユニットバスへの交換が必要になる場合がある事をお伝えします。

修理内容は、建物の築年数、いつ、どの箇所をリフォームしているかで違ってきます。
購入する際には、今後どの様な修理が必要になると考えられるのか、事前に確認してみて下さい。

2018/1/18(木)

こんにちは。早坂です。

昨日、宅建鶴岡の新年会があり会員の皆様と楽しい時間を過ごしてきました。
その中で、親しくさせていただいている方に「早坂、お前は本当に強い!」って言われました。
“強くなりたい”と思って仕事をしてきた私にとっては、最高のほめ言葉です。

大きなトラブルやクレームが発生した時でも「これは経験値が上がるチャンス!これを乗り切れば今より強くなれるはず!!」と自分に言い聞かせてやってきました。

私共の仕事は、当たり前にわかることをお伝えするだけではダメで、今までの経験から、将来発生するかもしれない、見えないリスクをお客様にお伝えしなければなりません。

それには、何より経験値が必要となります。
「今、その勉強、経験をさせていただいているんだ。この経験がこれからの仕事にきっと役に立つはず。」そう思えば、ある程度のことは乗り越えられます。

(それでもしんどい時は、ファンモンの「悲しみなんて笑い飛ばせ」を聞いて、自分が壁を壊してしくイメージを頭に植付けています。)

もっともっと強くなれるよう、努力してまいります。←今年の抱負。

2018/1/13(土)

こんばんは。早坂です。

昨日、ハローワークに駆け込んでパートの求人募集をしてきました。

今一緒に働いてくれているスタッフは、午前9時〜午後1時までなのですが、とても4時間で終わるような仕事量ではありません。

忙しい時は残業をして頂いていますが、このままだと繁忙期乗り切れそうもありません。(ブラックになりそうです。)

そこで急遽、午後1時〜午後5時までの4時間勤務をしていただける方を募集することにしました。(期間限定ではなく、通年での勤務になります。)

勤務条件等の詳細はハローワークの募集票をご覧ください。

明るくて、パソコン操作(ワード、エクセル)ができる方、年齢は不問です。
一緒に働いてくださる方、ハローワークを通してのご連絡お待ちしています☆

2018/1/11(木)

こんばんは。早坂です。

昨日は一晩で40cmほどの積雪がありました。
事務所の駐車場は、昨日消雪水を出して帰りましたので、ある程度融けていましたが、それでも雪かきは必要です。
全部キレイにきえるわけではないのでね。

消雪付駐車場になっているアパートの契約書には「駐車場は消雪になっているけど、融けない雪は借主が雪かきしてね。」と書いています。

以前「消雪になっているからこのアパートを借りたのに、なんで自分が雪かきしなければならないのか!大家に除雪するように言ってくれ!!」ってクレームが入ったことがありましたので、念のため。

今日みたいな大雪は消雪になっていても消えません。(;^_^A

また、通常アパートについているエアコンは、寒冷地用の暖房機能が高いエアコンではありません。
いくら「暖房機能」がついていても冬期間温かい空気は出ません。
また、霜取り運転を行うため時々「冷風」が出ます。( ̄▽ ̄;)!!

「エアコンの暖房をつけていても温かくならないので修理して欲しい。」とお電話を頂く事がありますが、上記の説明をさせていただきます。

それでも「そんな事は契約書には書いていない。エアコンが付いていて、冬にも使用できると思っていた。それならば暖房機能の高いエアコンに交換してくれ!!」と言われた事があります。

ですから契約書に「エアコンはついていますが、冬は利用できません。他の暖房器具を使用して下さいね。」って書いています。

ある不動産業者さんは「貸し出し用のファンヒーターを準備している。」と言っていましたので、同じようなお話はあるようです。

冬期間は普段以上にトラブルが発生します。
対応を間違えれば、最初は些細なトラブルでも大きくなることもあります。
気をつけて、迅速に対処してまいります。

2018/1/6(土)

新年おめでとうございます。

昨日が仕事始めでしたが、バタバタと2018年の幕が開きました。
今年はどんな1年になるのか、期待と不安でワクワク☆ドキドキしています。

今年も突っ走るのか?それとも少し立ち止まるのか?

息切れすると、立ち止まりたくなる時もあるけれど、仕事を頂ける事は本当にありがたいこと。
感謝を忘れることなく、今年も突っ走ろうと思います!! 

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved