山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net




 

早坂のひとり言

2021/10/18(月)

こんにちは。早坂です。

ぐーんと気温が下がり、体感的には11月の感じです。
まだ10月ですが、冬支度の準備をし始める時期が来たようです。
早く冬がやって来るのでしょうか。(涙)

さて、先日貸家の借主様より「漏電ブレーカーが落ちました。」と連絡が入りました。
すぐに大家さんに連絡をし、電気工事業者さんを手配してもらいましたが、借主様の家電が原因だったそうです。

建物が原因での漏電であれば大家さんの修理負担になりますが、借主様の原因によるものだとすれば、修理代は借主様負担になります。

「賃貸物件の場合、修理代は全て大家さんが支払うものだ。」という方もいらっしゃいますので、ご納得いただける様にご説明するのも私共の役目です。
話し方、伝え方がとても大事になります。

今回は、営業中にご連絡を頂きましたのですぐに対応できましたが、営業時間外で漏電ブレーカーが落ちた場合はどうするのか。

取り急ぎ東北電力に電話をして下さい。
東北電力ネットワークコールセンター:0120-175-366

ただし、見に来てはくれますが、応急処置ができる場合とできない場合があるようで、応急処置が出来ない場合は「夜の間、電気がつかず、お風呂にも入れませんでした。」という事も。
冬だったら寒くて大変です。(停電時のために反射式ストーブを用意しておいた方が良いかもしれません。)

そして「不動産屋さんに連絡をして、電気工事業者に見てもらってください。」と言われますので、私共にご連絡下さい。

水道、電気のトラブルに備えたい。方にはこんなサービスがあるようです。
東北電力すまいの安心サポート
https://sumai.tohoku-epco.co.jp/

2021/10/5(火)

こんにちは。早坂です。

昨日のワダビジョンの中に「振られた中に必ずいい出会いある。たくさんカードをめくるからハートのエースに出会えるのが営業です。」とありました。

思い出すと、以前営業でお伺いしたお客様が、随分経ってから「相談に来ました。」と名刺を持って来店して下さったり、「知り合いに相談したらそちらの名刺を頂いて。」と連絡を下さったお客様もいらっしゃいました。

お客様にお会いしなければご縁は生まれません。
何度断られても、そう信じて営業しています。

また、今日お伺いしたお客様は、すぐに良いお返事は頂けませんでしたが、名刺は受け取って頂けました。
それだけでも感謝です。

10月も頑張ってまいります!

2021/10/4(月)

こんにちは。早坂です。

先日、以前お取引きさせて頂いたお客様が地図を持って来店されました。
地図にはマーカーが塗られていて「ここの空き地を売ってもらえないか、所有者さんに当たってみて頂けませんか?」とのご相談です。

まずお1人目「不動産屋に用はない。」と門前払い。普通の対応です。

次に、一番欲しいと思っている土地の所有者様へ伺います。
すると「先月、売却が決まりました。少し遅かったですね。」との事でした。
とても残念ですが仕方がありません。
話を聞いていただけただけでも嬉しかったです。

「営業は断られることが当たり前。決して怖いことではない。」と思える様になったのは、和田裕美さんの話を聞いてからです。
それからは、お客様に拒絶されても凹むことは少なくなりました。

久しぶりにその記事が掲載されていました。

21/09/28

ワダビジョン 営業はなぜ「怖い」のか?
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=2800&tv=

営業ってこの「怖さ」を克服すると
あとは感謝とかやりがいの玉手箱みたいな仕事なのです。

不動産営業を生業として24年が経ちましたが、本当にそう思います。

ただ、「どうせ断られるだろう。」なんて気持ちでお客様にお伺いすることはありません。
「私にお任せ頂きたい!」そう思いながらチャイムを鳴らします。

それでも落ち込んでしまったら、早く寝る。
これで終わりです。

明日も営業に行ってきます!


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved