山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


今日のひとり言
2005/02/24

木曜日は木の話・・・その81   炭と灰

木炭は、燃料以外にも様々な使われ方をします。住宅では床下に敷くのが一般的ですよね。

暮らしの中でも、冷蔵庫やトイレの消臭、お風呂に入れると湯垢の発生を防ぐ、などの効果があるそうです。また、ご飯を炊くときに入れると炭のミネラル分が出ておいしくなるそうです。このミネラル分は、木のままだと溶け出しにくいのですが、炭を焼くときに熱が加わって溶け出しやすくなるんだそうです。

それと炭は農業にも相当使われているようです。たとえば病害虫の予防や連作障害の防止、土壌改良にも役立つそうです。映画「北の国から」では、畑にまく木酢液を取るために一生懸命に炭焼きをしてましたよねぇ。この木酢液も病害虫の予防に効果があるそうです。

それだけでなく、燃えたあとの灰も色んな使われ方をします。山菜のあく抜きに使ったり、笹巻きに使ったり、畑に撒くと土壌改良などの効果があるそうです。それを考えると、昔話の花咲かじいさんが灰を撒いて花を咲かせたと言うのも、あながち嘘ではないような気もしてきます。

炭の粉を呑むと胃腸の病気にも効くと言う話もあります。

と、万能薬のような炭ですが、この効能はまだ解明されていない部分が多いのだそうです。なので、いくら自然の物だからといってむやみに使うと害になる場合もあるようなので、気をつけないといけませんね。

今野亨建築設計室 今 野  亨
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ここだけの話し、なんだか今年ヒマなんです。
うちだけなのかな〜と思っていたのですが、今日掃除屋さんに聞いても「ヒマッス!」と言っていたから、今年は全体的に入退去が少ない年なんでしょうか。

この雪を見れば、転勤等は別として「春まで待つか」って思うのもわかります。

今日、土地を紹介しているお客様に「どうですか?」と電話をしたのですが、「土が見えないと決められません」とおっしゃっていました。
ごもっとも!

3月引き渡しの土地は「隣地との境界は、雪が溶けたら出てきますから・・・」と説明。
「私を信じて・・・」(モチロン、境界があることは、雪が降る前に確認済みです)
その土地、空地になっているのが災いして、雪が山のようになっていました。
建築業者さん、あとは除雪頼みます。

「動きが悪いのも雪のせいだわ〜」と勝手に決めつけてはいるものの、本当のところはどうなんだろう?
そーいえば某不動産屋さん「忙しくって、物件が全然足りない〜」って言っていたなぁ。

雪のせいにしている場合じゃないのかしら?

2005/02/20

木曜日は木の話  その80

木と炭

普通、炭は燃えてもけむりがでませんよね。(質によっては煙いのもありますが)

木は燃やすと煙が出て炎が出て燃えて、やがて灰になります。その木を燃やしている途中で、燠火(おきび)になったころで火を消すと消し炭になります。この消し炭は、普通の木炭と同じように使えます。

暖炉で木を燃やしてできた燠火を取り出して、火鉢においても煙たくないし炎も出ません。木が燃えるときに炎と煙が出るのは、始めの部分だけだと言うのがよくわかります。

この燠火でも、充分火鉢の火として用が足ります。お正月も友達の家で、この燠火を取り出して炭火焼で一杯やってきました。(なぜか炭というとお酒の話になりますね)

人間が火を使うようになったのは、約40万年ほども前の北京原人の時代と言われています。きっと火が消えた後に消し炭が出来ているのを見つけて、炭を使うようになってきたんでしょうね。

木炭には焼き方で白炭と黒炭があるわけですが、材料になる木の樹種によっても性質が色々違うようです。普通私たちが調理や暖房の燃料として使うのは、ナラやカシ等のドングリ系の木です。火がつきやすく比較的火持ちもよいのが特徴です。

木の成分は約50%が炭素(C)で、残りのほとんどが酸素(O)、それに水素(H)、etc・・・だそうです。木は熱せられると300℃ぐらいで可燃性ガスが出ます。この時に空気があれば燃えてしまって灰になるわけですが、空気を遮断して燃えない状態にすると炭素(C)が残って木炭が出来るわけです。

そんな原子の世界のことを知ってか知らずか、人間は太古の昔から炭と付き合ってきているわけですね。

今野亨建築設計室 今 野  亨
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いい訳もできないほど遅れてしまいました。
今野さん、楽しみにして下さっている皆さん。本当にごめんなさい!!

2005/02/16

今年始めたことの1つに「日記を書く」というものがあります。
しかしこの日記、その日おきた出来事を書くのではなく、「明日、こんな事が起きればいいな」と、明日起きてほしい出来事(予定)を書く日記なのです。

以前は寝る前に書いていたのですが、頭がダンダン冴えてくるものだから眠れない。
朝(いつも以上に)起きれなくなってしまい、最近は仕事が終わってから書くようにしています。

この日記は、気持ちを前に前にと持ってこないと書けないので、テンションが低い時は書けません。
日記を書くことで、今、自分がどんな気持ちでいるのかわかってしまう恐い日記です。
でも、この日記がないと1日がダラダラと過ぎてしまうので、書くのはやめられませんね。

この日記を書き始めると「その事が実現していく」らしいのですが、今だ成果はでず。
成果が出始めたら報告しますね。

2005/02/14

今日はバレンタインデーですね。
慌てて4つチョコを購入しました。(夫、子供×2、義父)

若い頃の、あのドキドキ感がなくなったのはいつ頃だったのでしょうか?
もう思い出せません。

さて、明日は神社の集まりで休みます。
我が家が“とや”になっているものですから、昼食の準備等しなければなりません。
「若い人は(お酒や料理を)運んでもらえばいいから」と言われてはいるのですが、やはり気はつかいます。

そーいうことなので、明日も更新できません。

最近お客様とメールでやりとりさせていただくことが多いのですが、もし明日メールを頂戴しても返事を送信できるのが16日になります。
すいませんがどうぞヨロシクお願いします。

久しぶりに「嫁」してきま〜す。

2005/02/10

木曜日は木の話 その79  炭火K

この間、事務所で使っているのと同じ木炭をもっていって、友達の家で炭火焼をしました。
焼いた場所は囲いがあったとは言え外、その日は風が強く吹雪状態でした。その風にあおられて、何もしなくても火が勝手に熾きてきてくれます。

前回お話した太くて軽い炭、これは火のつきがとっても良くて、ちょっとガスコンロにかけてやると、じきに熾きてくれます。この日に使った炭は太い炭でしたから、なおさら火が熾き易かったのでしょう。その代わり火持ちは良くないですが、手軽で扱いやすいですね。

逆に細めで固い炭は、中々火が熾きません。その分火持ちはよくって、温度もこっちのほうが高くなるようです。炭焼きの温度を高くして焼いた白炭のような感じがします。

炭は燃えていくときに、チリチリと音をたてます。その音を聞いていると、なんだか落ち着いてきます。この音も炭によって違ってきます。固い炭は、キンキンと跳ねるような音をたてるのに対して、柔らかめの炭は、ガサガサと崩れるような音をたてます。

黒炭と白炭には、燃え方に明らかな違いがあります。

黒炭は、燃えている炭に新しい炭をのっけると、燃えている炭に近いほうから赤くなって燃えてきて、遠いほうは最後までそのまま黒く残っています。固めた雪に水をかけて片側から融かしていく感じです。これは考えるに普通ですよね。

同じようにすると白炭の場合は、燃えている炭に遠い反対側が白く灰になってきます。不思議ですねぇ。なんとなく炭全体が一緒に燃えていくと言った感じで、徐々に表面全体が灰になっていきます。石鹸が使っていて小さくなっていく感じです。

事務所で使う炭も、ごく固いものは白炭と同じような燃え方をするものもあります。どうしてなのかは分かりませんが、どなたか知っていたら教えてください。

炭火を見ていると、一日でも飽きません。と言っても、一日中ずぅっと見ていたことはありませんが、炭火を見ているとスルメでも炙って一杯やりたくなってきますよね。
今度一緒にどうですか、土曜日の午後あたりにでも・・・。

今野亨建築設計室 今 野  亨
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2005/02/08

今日は午後から三川の菜の花ホールで開催された「建築業セミナー」に行って来ました。
約130人の参加があったらしく、ホールはビッシリ超満員。

講師のお一人が、新潟で有名な住宅会社の社長でした。
「私は、お客様に要望されたことは、決して出来ないとは言いません。他の人が無理だと思うことでも、とにかくやってみます。」とおっしゃっていました。

・・・反省。

私は、無理だと思うことは安請け合いしない。
期待を裏切るよりだったら、最初から出来ないと言ったほうが、お客様だって落胆しないだろう。。。って、ず〜っと思っていました。
でも、自分にプレッシャーを掛けたくなかっただけなのかもしれません。
自分の考えが甘い事に気がついただけでも、セミナーに参加して良かったです。

巷の不動産屋さんが「忙しい〜」と言っている時期に、半日も留守をした甲斐があったというものです。(強がりです・・・)

2005/02/07

今日、友人に「具合悪そうだけど大丈夫?」と心配された。

・・・・ただ、化粧が落ちていただけですからぁ〜〜残念!

さて、昨日お客様に怖い話を聞きました。
ある会社(地元の会社ではありません)の営業マンがやってきて、あれこれセールスを始めたそうです。
その方は「必要ありません」とキッパリと断ったそう。

そしたらその営業マンなんて言ったと思います?
「会社に連絡をとりたいので電話を貸していただけませんか?」とお願いしたそう。
でも営業マンが携帯電話を持っていないのってヘンですよね。
そのお客様は偉かった。
「かせません!」と断ったそうです。

その後、その営業マンどうしたと思いますか?
ナント玄関の外にでて「家に入れてもらえませんでした」と携帯電話で会社に連絡をしていたそうです。

すごいでしょ。

「早坂さん、一体どーいうことなんでしょうか?」と聞かれました。
多分「電話を貸して下さい」とか「トイレを貸してください」と言って家に入り込む。
後は申込書(契約書かな?)にハンコを押してくれるまで帰らない・・・そんなところだと思います。

実際に夜11時までねばられて「帰ってくれるならもういいや」と、訳がわからないままハンコを押してしまった・・・という方もいました。
そして後からキャンセルしようにも、多額のキャンセル料が発生するようになっているために「しょうがない、それだったら買うしかないか・・・」ってなるみたいです。

「え〜っ。そんなことあるの〜」と思いますよね。
でも相手はプロです。余程意思を強く持っていないと戦えません。
そして「帰ってください。警察呼びますよ。」と言えない人もいるのです。

ハンコを押す前にはよ〜く考えましょう。
押してからでは遅いのです。

2005/02/04

木の話・その78  炭火

最近の木の話は固い内容が続いていたので、今日は一息入れたいと思います。

事務所では冬になると、毎日玄関にある火鉢に炭を入れます。朝事務所に行ってお湯を沸かしたあとに、火熾しの網に適度な大きさの木炭を4本ほど、ガスコンロで約4分ぐらいで火が熾きてきます。それを火鉢に移して別の木炭を2本ぐらい乗せてやると、徐々に火が廻ってきて、20分ぐらいでカッカカッカと熾きてきます。

でも、そのままにして置くと最後まで燃えないで、途中で消えてしまいます。適度に酸素が送られるように火箸で動かしてやります。花に水をやっているような、金魚に餌をやっているような気持ちになりますね。最初のころは加減がわからなくて失敗もありましたが、最近は冬の朝の楽しい日課になっています。

木炭は、町内の山のほうに住んでいるAさんが焼いているものを仕入れています。

この炭も色々あります。径が2〜4p程度の枝の部分の炭は、断面は丸いままになっています。5〜10p程度のものは半分に割れているものが多いです。もっと大きいと、何等分になっているのかわからないぐらいで、断面が四角や三角になっています。

形だけでなく、中身も違います。硬くて断面に隙間が少なく、ぶつけるとケンケンと金属音がするもの、これは細いものに多いです。折ると、カリーンという音を立てます。これは小さくても重さがあります。

逆に断面に隙間が多くて、ぶつけるとガサッという音がするもの、これは太いものに多いです。これは折ろうとすると、グシャっとつぶれてしまったりします。こっちは大きさの割には軽くなります。

同じ人が同じ条件で、たぶん同じ釜の中で焼いた木炭、それでもこれだけの差が出るんですね。釜のどの位置に入れて焼いたかによって、焼かれるときの温度に差が出るからなのか、細いと焼かれやすいのか、元々の木の性質もあるのでしょうかねぇ。今度Aさんに聞いてみたいと思います。

今野亨建築設計室 今 野  亨
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

木の話が金曜日になってしまいました。
今野さんはいつもどおり朝早く送ってくれたと言うのに申し訳ありません。

子供を急にお医者さんに連れていかなければならなかったために早く帰ったんです。
時々、子育ての合間に仕事をしているなぁ〜と思うことがあるのですが昨日もそうでした。

そして、仕事が忙しくて子供達に構ってあげられないときは「仕事より子供達のほうが大事じゃないのか」って自己嫌悪に陥ったり、気持ちのバランスをとるのに四苦八苦です。

どっちも大事なだけに難しいですね。

今日もまたお医者さんに行って来ます。
では明日・・・

2005/02/02

ついさっきまで真っ白なページでしたが、よーやく復活しました〜。
ナゼか削除してしまい、やっと復旧してもらったところです。

気がつけば7時になり、今日はものすご〜く天気が悪いので帰ります。
明日こそはキチンと更新します。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved