山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


今日のひとり言
2005/05/30

昨日、部屋の模様替えをしました。

この際だから、不要なモノを処分しようとダンボールに詰めたのですが、何色の袋に入れたらいいのか分からない。
まだそのままになっています。
・・・ゴミが移動しただけ?

さて、今回、模様替えを思い立ったのは、自分だけのスペースをどーしても作りたかったから。

寝室や子供部屋、そして夫の書斎(もどき)はあっても、私だけのスペースはどこにもなし。
寝室の隅に小さい座卓を置いて、本を読んだり、パソコンをしたりしていたのですが、気分が良くなかった。

過去を振り返えってみると、試験勉強をするとか、集中して何かをしたい・・・と思ったときに、まず最初にしたことは「机を準備すること」だった。
実家でも、アパートでも、その机にむかうだけで気持ちが落ち着く、集中できる。
そんな机がそばにあった。

机は高価なものではありません。
ただ、スタンド照明や筆記用具、ブックエンドなどの小物は、気持ちにシックリくるものを選びました。

机がないことがストレスの原因になっているのは、気がついていたものの、家具を移動するのが億劫でごまかしてきました。
しかし、いよいよ我慢も限界に。

そして、よーやく昨日、使っていないパソコンデスクを組み立てなおし、自分だけのスペースを確保です。

今日は、朝3時に目がさめて机に向かうことができました。
想像以上に気持ちがスッキリです。

部屋のコーナーでいいんです。少しのスペースでも、1人になれる空間は絶対に必要だって改めて思いました。

2005/05/26

木曜日は木の話  その93

日照

昨日の天神まつりはちょうどいい天気で、さぞかし紫外線も強かったでしょう。夏は日中が長いだけでなく、太陽の位置がが高い=地面に対して垂直に近くなるので、空気の層を通ってくる長さが短くなって日差しが強くなってくるわけです。

日影規制では一番昼の時間が短い、そして影が長くなる冬至の日の午前8時から午後4時の間の影のできる時間を測定します。それ以外の時間はノーカウントです。冬至の日が日影規制にとって一番不利な状態になると言うことです。

先週の日影規制のはなしで影ができる北側の離れと言いました。太陽が南にあれば影は北にできる、あたり前の話ですねぇ。そう、太陽が南にあればです。

夏至の日の日の出は午前4時すぎです(正確な時刻分かりません・申し訳ない)。その時の太陽の位置は真東よりもずっと北にあります。太陽が真東に来る午前8時すぎまでの4時間ほどは影は南側にできます。

そして日の入りは午後7時すぎです。その時の太陽の位置は真西よりもずっと北にあります。太陽が真西に来る午後4時前からの3時間半ほどは、やはり南側に影はできます。

と言うことは、夏至の日は太陽が出ている約15時間のうち半分の7.5時間ほどは南側に影ができていることになります。まだ夏至までには一月以上ありますが、今の時点でも一日のうちの何時間かは北側の外壁に太陽が当たり、影が南側にできていることになるわけですね。

朝寝坊の人は南に窓のある部屋を寝室にしましょう。

今野亨建築設計室 今 野  亨
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私の寝ている部屋は、北東に窓があります。
この時期になると、朝5時には、サンサンと陽がさしこんできます。

寝坊な嫁への対策かしら。

05/05/25

今日は天神祭りですね。
そして天気も、ものすご〜くよいです。

さっき、業者さんが来た時「今日は、どこの会社いっても、みんな“ボケ〜”っとしてますね。」と言ってました。

ご多分にもれず、私も“ボケ〜”としてました。(^^;

今日は、急ぐ仕事もないので、とことんボケ〜っとしてようと思います。

暇な方。誰か遊びにきてくださ〜い。

2005/05/19

木の話

日影規制

今日はあいにくの雨ですが、5月ともなると日の出も早くなって日差しもだいぶ強くなってきます。話によると紫外線が一番強いのは5月だそうです。

家を建てるとなると、できればお庭が欲しい、そしてそのお庭にはサンサンと日の光が差して欲しい、と誰もが願います。
その敷地の日差しを確保するために出来たのが建築基準法でいうところの日影規制、山形県では平成14年の4月から条例が施行になっています。
どのような規制かと言うと、建物を建てる場合に隣地に影ができる時間を規制して、そこの日照を確保すると言うものです。

でも、最近住宅を建てたのにそんなことを設計者(施工者)から何も聞いてない、と言う人も多いと思います。それもそのはず、今建っている住宅のたぶん9割以上は日影規制のかからない大きさだと思います。

では、どういった建物に規制がかかるかと言うと、鶴岡の場合でいうと
・1種低層住居専用地域では、軒の高さが7メートルを超える建物
・1種低層以外の住居系の地域では、最高の高さが10メートルを超える建物
となっています。

もちろん2階建て程度の住宅でも、ちょっと大きくなるとこの高さ以上のものになりますから規制がかかってきます。
それによって屋根の高さを低くしたり、あるいは影ができる北側の離れを多くとったりしないといけません。

余談 影と陰

陰は光が当たらない暗い部分を指すようですが、影は光が当たる部分を指す言葉でもあるようです。
使い分けが良くわからなかったのですべて「影」を使いましたが、詳しい方がいたら教えてください。
わたくし今野、化学も苦手でしたが国語はもっと苦手でした。特に漢字は苦手でした。あしからず。

今野亨建築設計室 今 野  亨
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

最近風船遊びにはまっている5歳の次男。
ジ〜ッとお腹を見ながら一言。

「ママのお腹に風船入っているの?」・・・無邪気だわ。(;_;)

2005/05/18

昨日、待ちに待った本がよーやくアマゾンから届きました。
その本の題名は「3分間日記−成功と幸せを呼ぶ小さな習慣」 今村暁 著

このひとり言を読んでいる方には「この手の本、一体何冊目?」とつっこまれそうですが、題名に「日記」とあるものを数えて見たら4冊ありました。(^^;)

今までの本は、まず目標を決める→その目標を達成するために何をしなければならないのか、行動計画をつくる→その行動計画に基づき、今日一日、1歩でも前進することができたのか。毎日の行動を日記に記録し、自分自身を見つめる。
みたいな感じだったんですが、そもそも肝心の「目標」が定かでない私には無理でした。

無理に「年収この位」「売上いくら」なんて書いてみても、どこかで「今のままで十分、十分」って思っている自分がいて、本気で目標を達成しようとは思えなかったの。
まして、9時に何をして、お昼は何を食べて、午後は誰と会って・・・なんて、ものぐさな私が記録できるわけがない。

机には、本に触発されて購入した、日記や記録シートが真っ白なまま眠ってる。(T_T)

しかし、この本は違っていました。

目標は、取り合えずわかりやすいものを書けばいい。
例えば、さっきの「年収この位」「売上いくら」というようなもの。

日記を書き続けるうちに「なぜお金が必要なのか」を考え始め、そのお金があることによって「自分がどんな心の状態になりたいのか」気づくことができる。
それに気がつけば、後は“ぶれる”ことなく目標にまい進していくことができるそうです。

ねっ。なんだか簡単そうでしょ。
それに、時間ごとの記録も一切なし。

やった〜!私にピッタリだわ〜 \(*T▽T*)/

使えそうな日記を机から引っ張り出し、早速実行します。

2005/05/17

昨日、去年12月に新築されたお客様より「不動産取得税の納付書が届いたが、聞いていた金額と全く違う。ど〜いうことなんだ〜。」と怒りの電話が・・・

( ̄△ ̄;)エッ・・?

不動産取得税には軽減措置があり、新築住宅の場合、50u(約16坪)以上240u(約72坪)以下であれば、税金にして36万円安くなります。

このお客様の面積は240u以下だったはず。
なぜそんな金額の請求がくるんだ?

早速お邪魔して話しを聞くことに・・・

納付書をみると、やはり軽減はされていない。
なぜ?

庄内支庁の税務課に問い合わせてみると、このお客様の資産台帳に「車庫」があることが判明した。
車庫や物置は住居用建物とみなされ、面積に含まれる。
この車庫と、今回新築した建物の面積を合計すると240uを超える。よって軽減措置はなし。とのことでした。

しかし、どこを見渡してもそれらしい車庫は見当たらない。
この方は農家なので、農機具などを入れている納屋はあるが「車庫」はどこ?

再度、庄内支庁に連絡し「車庫が見当たらない」ことを説明すると、現地を確認してくれることになりました。

面積から判断すると、農機具を入れているこの納屋がどーやら「車庫」らしい。
しかし、現在の使用状況が農業用物置のため、今回の面積合算には該当しないことになり、軽減措置を受けることができました。

よかった〜。

何でも話しをしてみるものです。

2005/05/13

最近、アパートや貸家のリフォームが相次いでいます。
その殆どが、前の入居者が長期間入居して下さっていたので、しばらくメンテナンスをしていませんでした。
そのため今回おもいっきり改装しなければならなくなったケースです。

その費用は、家賃の半年分ほどです。

幸い、今回リフォームした全ての物件は、ローンも完済しており、大家さんに余裕がありましたので問題なく行われました。

しかし・・・もしローンの返済中などで、大家さんに資金的に余裕がない場合はどうなるのか。
リフォームをしないで、汚れたままの状態で入居募集するのか、資金を調達してリフォームするのか判断しなければなりません。

アパートの収支計算書をみせていただくことがあるのですが、よく見ると30年間、家賃の改定(値下げ)もなく、修繕費も予定されていない。ローンだけがず〜っと続いている。
というものがあります。
有り得ません。

実は、マイホームも同じなんです。

中古住宅の場合「築後何年ですか?」と聞かれますが、新築から全く手をいれていない家と、大事に手入れしている家では同じ築年数でも状況が全く異なります。

建物は必ずメンテナンスが必要です。
無理な資金計画によってメンテナンスすることができない・・・なんてことがないようにしましょうね。

2005/05/12

木曜日は木の話・・・その91

和釘

釘をイメージします。真鍮やステンレスのものもありますが、多くの釘は鉄で出来ています。

鉄は錆びますよね。わたくし今野、化学はあまり得意ではありませんでしたが、鉄Feが酸素Oと結びついて酸化する、そのことが錆びることのようです。

錆びないようにメッキした釘やステンレスの釘などがあるわけで、鉄の釘は錆びて当たり前、何十年かすると錆びてボロボロの状態になるのだろうと思っていました。

しかし、法隆寺大工の西岡常一棟梁が法隆寺の修復を手掛けたとき、千年以上も前の釘が十分にその役割を果たしていたそうです。それはなぜなのでしょうか。

今の釘は高炉で鋳造(型にはめて固める)したものです。ではその法隆寺に使われていた釘はどうかというと、砂鉄を炭で還元し鍛造(たたいて鍛える)したものだそうです。それは現在使われている釘よりも純度が高く、錆が出ても表面だけで中までは錆びないのだそうです。その釘を和釘といいます。それは今の丸い釘と違って、四角い形をしています。長さは30cmほどあって、鋳造した釘に比べて強度も高いそうです。

和釘は打ち直して、槍鉋などの刃物をつくったりも出来るそうです。すごいですねぇ。

その中身がどう違うかは私も説明できませんが、ひとつ分かる事は和釘をつくるのにはものすごく手間が掛かるということです。よいものをつくるには、やはり手間ひまがかかるんですね。

今現在この和釘を商売としてつくっている人がいるのかどうか、たぶんいないのだと思いますが、つくったとしても高くついてとても商売にならないのでしょう。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

昨日、久しぶりに知人から電話がありました。
なんでも、知り合いから不動産の仲介手数料のことで相談があったとか。
これは早坂に聞いたほうが早い・・・と言うことで連絡をくれたようです。

たまに聞かれることなので書きますね。

例えばアパートを借りることになりました。
そのアパートを紹介したのがA不動産。
しかし、良く聞くと「元付け業者」はB不動産とのこと。

この「元付け業者」とは、そのアパートの大家さんに、直接貸す事を依頼されている不動産屋さんのことです。

このご時世「元付け業者」の不動産屋さん1社だけで入居者を探すのは大変です。
親しくしている不動産屋さん同士で「このアパートが空いているので、誰か紹介してね」と情報を交換しています。

なので、今回のように直接依頼されているB不動産と、お客様に紹介したA不動産の2社がかかわることがよくあるのです。

お客様は「仲介手数料が2倍になるのでは」と心配されるようですが、頂いた仲介手数料を(家賃の1ヶ月分以内)を2社で按分するので、お客様の負担は、1社だろうが2社だろうが同じです。

もし、万が一ですよ「2社が仲介するので2ヶ月分の仲介手数料を頂きます」なんて言われたら、それは<宅建業違反>になります。

契約書の取り交わしは、契約書作成を元付けのB不動産屋さんがおこない、お客様への説明は紹介したA不動産で行うのが慣習です。
たまに、全てをB不動産で行う・・・というケースもあります。
ケースバイケースですね。

些細なことでも「?」と思ったらドンドン聞くことです。
気になることをそのままにしておくと、不安が大きくなって良いことありません。

納得して契約して下さいね。

2005/05/11

みなさ〜ん。お久しぶりで〜す。(@ ̄∇ ̄@)/~

いい訳でもなんでもなく(?)、ゴールデンウィーク→サーバーメンテナンスと、しばらく更新ができませんでした。
今日からいよいよ復活!です。

皆さんは、この間いかがおすごしでしたか?

私は、ゴールデンウィークの間は、ず〜っと布目の完成内覧会にいました。
正直、思ったほどの来場はありませんでした。
しかし、来場された皆さんは「本気で家を求めたい」とお考えの方ばかりでした。
上手に説明できたか自信がないのですが、感想とか教えていただければ嬉しいです。

土地情報などは近々お送りしますので待っていて下さいね。

気がつけば5月も中旬。
最近ヒマなものですから書くこともありません。・°°・(>_<)・°°・。

そう、そう。
この期間に、今年3冊目の日記を購入しました。
「大人から子どもまで毎日続ける<脳力>日記帳」というものなのですが、その中に「パソコンを使っているときの脳は、あまり働いていない。逆に手紙でも日記でも、文字の意味や形を思い出しながら書くと、脳に刺激を与えます。手を使って書くことが大事なのです。」と書いてありました。

4月から日記をパソコンに移行した私はどーなるの?

私、自慢じゃないが、昔から「記憶力」は全くなし。
友達が「いい国つくろう、鎌倉幕府」なんて言ってる時も「年号を知らなくても生きていけるもん」と開き直っていた私。
あの頃はそれでも何とかなったものの、今の記憶力のなさには泣けてくる。

日記を書いて<脳力>を鍛えなきゃ。

すぐに手書きに変更です。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved