山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


8月のひとり言
2005/08/25

その106  針葉樹と広葉樹K

日本の森林の蓄材料が増えていると言う話をしました。天然林(主に広葉樹)はほぼ横ばいで、増えているのは人工林(主に針葉樹)です。でも、その人工林もそのままにしておくと木が成長出来ない状態になっていて、もうそろそろ飽和状態になっているのではないかと思います。

広葉樹が多い山と針葉樹が多い山、私的に見るとどっちでもいいじゃん、と思っていたのですが、先週も登場した自然保護のことに詳しいMさんの話では、「杉や松の林には小動物がいない。広葉樹の森には餌になるドングリなどがいっぱいあるため、ウサギなどの小動物が増える、そうするとそれを餌にするクマタカなどの猛禽類が住み着く。」のだそうです。

そこに生態系のサイクルが出来てくるわけですね。そうすると、その動物の糞や死骸などが、落ち葉や枯れ草などと一緒に土に返って、土壌も肥えてくるわけです。

杉を植林したところでも、2回杉を育てて伐採すると(200年もかかる訳ですが)、土がやせて杉を植林しても育ちが悪くなると言われています。そうすると一度、広葉樹の林に戻してやって、何十年後かに広葉樹を伐採して杉を植えるといいのだそうです。

そう言われると、なんか杉の山よりも、ナラやブナの自然の山のほうがいいのかなぁ、なんて思ってしまいます。

戦後日本では、ブナ等広葉樹を伐って杉など針葉樹を植えてきました。そのことを仕事として生活を支えてきた人もいたわけですから、それを頭から否定は出来ません。それと、杉を多く植林してきた一時期の後は、天然林の状態もそんなに変わっていません。

やはり問題は放ったらかしにされている人工林のような気がします。

今野亨建築設計室 今 野  亨
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

昨日帰ると、先日うけた人間ドックの結果が届いていました。
恐る恐る封筒を開くと・・・あまりの結果にボーゼン。(-_-;)
想像以上の内容でした。

あーーーー。
自業自得とはいえあんまりだわーーー。
昨日は、あまりのショックに食欲もなく「お母さん、病気だから寝るわ」と告げ、布団の中に。
心配した子供達が「お母さん大丈夫?どーしたの?」と様子をみにきてくれた。

「お母さん、食べ過ぎ、飲み過ぎしたせいで病気なの。今日はそっとしておいてね」と言うと「へーそーなんだ。お母さん、やせたほうがいいよ♪」と言い残し去って行った。

そーよね。痩せなきゃダメよね。
今まで本能のまま生きてきたけど、理性をもって自己管理しなきゃいけないのよね。
よーやく目がさめました。

今日、早速、中村整形さんのヒットネスに申込みしようと行って来たら、ナントお休み!
明日までこの気持ちが保てればいいんだけど・・・

「食事は腹八分目。運動は一日は10分はすること」って結果表に書いてありました。
がんばってみます・・・(T_T)

みなさんも、健康にはご注意下さいね〜。

2005/08/24

お盆休み明けから、ずーーっと、アパート、貸家の案内が続きました。
気がつけば、申込み&契約が8件。
本当に、本当にありがとうございます。
でも、移動の時期でもないのにど〜して?

最初に来店した時、みなさん物件情報がないのにビックリするようです。
壁に、ほんの少しの情報が貼ってあるだけですもんね。

当社の場合、不動産情報は「アパート」「貸家」「売地」「売家」に分けてファイルしてあります。来店したら、着座してそのファイルを見ていただきます。

今「アパート」ファイルだけが、膨大に膨らんでいます。
(貸家がペッチャンコなだけに対照的です。)

「アパートを探しているんですが・・・」とお客様が言ったとたん、目の前には分厚いファイルが差し出されます。
家賃の金額ごとにわけられているとはいえ、この中の、どのアパートが自分の希望している条件に合うのか、資料を見ただけではわからないはず。

そこで、「どんな条件のアパート(貸家)をお探しなんですか?」とお聞きします。
殆どのお客様は、自分がどーいうアパートを探しているのか話してくれます。
世間話を含めて色んな事をおしゃべりします。
すると、「このアパートだったらいいかも」とピンとくるんです。

お客様が「えーーーっ?」って難色を示しても「騙されたと思って見てみて!」と、無理矢理案内することもあります。
でもね、ムリを言ってでも案内したい位だから、お客様は気に入って下さるんですよ。本当にだますわけではないので、誤解ないように。(^^;

さて、今週8件のお申込みをいただいたうち、5件を角屋さんが担当しました。
でね、そのうち4件は「私が担当だったら、このアパート(貸家)は紹介しないだろうな・・・」と思う物件だったんです。
申込書から想像するお客様像と、お決めいただいたアパート(貸家)が一致しなかったんですよ。
でも角屋さんは、きちんとお客様の想いを理解してご紹介したんですね。
私が担当してたら・・・と思うと、ゾーっとします。

どーやら、いちばんの理由は角屋さんの成長のようです。

私達の仕事は、「アパートを紹介する」ことではなくて「そこ住むことで、今より豊かな気持ちになっていただける。そんなを住まいを紹介する」ことだと思っています。
そのためには、お客様といっぱいお話しさせていただくことになります。
じゃないと、お客様が何を望んでいるのかがわからないんです。
だから、当社に来店する時は「しゃべらされる」と覚悟(?)して来て下さいね(^^)

私も、このとおりまだまだだけど、いっぱいしゃべちょこきましょ♪(訳:いっぱいおしゃべりしましょ♪)

2005/08/18

木曜日は木の話  その105  

針葉樹と広葉樹

このあたりで針葉樹というと、山のほうでは杉、海のほうではクロ松ですね。

杉は湿気を好む木で、風の強いところや西日のきついところでは成長が良くありません。それに対して松は、砂防の目的で海岸に植えられる事からもわかるように、風が強いところや砂地でも根を張って成長してくれます。

広葉樹では、コナラやミズナラ、ケヤキなどの高木が山の尾根や境界に植えられていたりします。もちろん自然に生えているものもあるし、高木以外にもたくさんの種類の木があります。

先日、自然保護のことに詳しいMさんとお話しする機会がありました。

いま、庄内の山でナラ枯れがものすごい勢いで進行しています。ここ3〜4年のことです。まわりの山を見てみてください。あちこちの葉っぱが赤くなって見えるのは、たぶんそのナラ枯れでしょう。私の家の山も、そのナラ枯れにやられています。

少し前までは、松くい虫の被害が問題になっていました。この辺の山でも、松が全滅しているところもあります。

そうすると今度は杉?、なぁんて思ってしまいますよね。

そのM氏いわく、「ナラ枯れや松くい虫ののような被害も、たぶん昔から似たようなものがあったのではないのか。でも、昔は木を伐って使っていたので、そこが全滅する前に自然に食い止められていた、他に移っていくことを最小限にとどめていた。」のではないかとのことでした。確かに木は、昔から建物だけでなく、家具や生活用具・薪など、色んな用途に使われていますよね。

根拠のある話ではなく、そうなんじゃないかと言う程度のことのようでしたが、私もそんな気がします。

世界的に見た森林面積の減少が問題になっている中で、日本のように森林の蓄材量が増えているところもある現状を見ると、木の上手な使い方を考えていかないといけないな、と思いました。

今野亨建築設計室 今 野  亨
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

子供の宿題ができていません。(T_T)

最近の小学校の宿題は、「親と子でつくる○○」となっていて、親が主役(?)になっています。
去年と今年のテーマは「貯金箱」
去年は、お金の入り口はつくったものの、取り出し口のない貯金箱になってしまい、同級生に「どーやって取るの?」と突っ込まれたらしい。

「お母さん。今年はちゃんと作ってよね!!」と、しつこく言われていたが、貯金箱そのものが手付かずのまま。
いや、正確に言えば一度は「ムシキング貯金箱」をつくってはみた。
しかし、いつの間にか、カブト虫の角は折れ、手足は抜かれ、ただの丸いかたまりになっていた。

「なぜ壊すかーーー」と、怒鳴ったところで、5歳の次男はヘラヘラ笑うだけ。
「お母さん、もう1度がんばってね!」と長男になだめられ再挑戦。
あ゛ーーーっ、なんで今更こんなことをーーーと、学校をうらみたくもなるのだか仕方がない。
夏休みはあと3日。
紙粘土を買って帰ります。

2005/08/17

いよいよ今日から仕事開始です・・・と言っても、頭が全く回転していないので今日は仕事になりそうもありません。

皆さんはどんなお休みを過ごしましたか?

私は・・・墓参りをして、掃除して、洗濯して、気がつけば休みが終わっていた。
そんな感じです。

でも、今年は中学の同窓会に出席できて、ものすごく楽しかった。
皆、それなりに年をとっていて、いい具合にお父さん、お母さんなんだけど、会って話せば14、15歳に戻れるんですよね。

「春香、大きぐなったの〜」と言われ、余りの成長ぶりに「誰だが、わがんねっけ〜(誰かわからなかった)」だったそうです。(涙)

そして、友人に「春香、今幸せだ?」って聞かれました。
改めて聞かれることがないので、ドキッとしたけど、「不幸せではないから、どちらかと言えば幸せなんじゃないかな。Eちゃんからはどう見える?」と聞きました。
Eちゃんは「う〜ん。幸せそうにみえるよ・・・でも・・・」と言ったまま無言。
「何か言ってよ〜。」って思ったけど、アルコールが抜けた今なら、彼女の言いたかった事がわかる気がします。

私達の世代って、今、一番過酷な時を過ごしているんじゃないかな。
何かのアンケートで、性別・年代別でストレスが一番大きいのが、「35歳〜40歳の女性」だって聞いたことがあります。(その次が、30歳〜35歳までの女性でした)
ものすごーーく実感できるもの。

子育て、仕事、夫婦の関係、夫の家との関係・・・悩みの種はゴロゴロと転がっています。
どんなに幸せそうに見える人だって、「何か悩んでいる事、困っている事な〜い?」って聞けば、きっと2つや3つ位は簡単にでてくるんじゃないかな。
ちなみに、私は、すぐに片手くらいは思いつきました。(T_T)

だから、ものすごくテンションの高い私をみて、Eちゃんは、「幸せそうに見えるけど、本当は悩みをいっぱいかかえてて、こーしてストレスを発散させているのかな」って思ったんだと思います。

半分はあっているかな?
でも、ただただ楽しくってテンションが高かっただけだからやっぱり幸せなんだと思います。

以前にも書いた、私の大好きな本「LOVE BRAIN 行為を紡ぐ男性脳 言葉を紡ぐ女性脳」 に、<女性はね、40歳を過ぎると幸せになれるの>という魔法の言葉が書かれています。
あと2年。今からすごーく楽しみです。

みんな、あともう少しだよー♪

2005/08/12

木N

木を使わないと、どうして山が荒れるのでしょう。

杉などの人工林は、植林のときにある程度密になっています。その後成長に合わせて、除伐・間伐しながら大きな木に成長していきます。それを植林したままで放っておいたら、木は太れません。そうすると、風で倒されたり雪でつぶされたりして木は健全に育ちません。そして、木が密集しているため日の光も地面に届かず、草も生えないし地力も衰えてきます。

また、ある程度整備されていた山から木を伐りだしたとします。経済性を考えれば、一度に全部伐りだした方がいいので、山は丸坊主になります。それに植林していけばいいのですが、手間ひまかけても金銭的に合わないとなれば、そのまま放っておかれます。そうすると保水能力も下がるわけだし、CO2も吸収してくれません。

日本の天然林の材の蓄積量はずぅーッと横ばいです。それはそれで、自然の役割もあるでしょう。が、人工林は畑と同じです。植えたものを収穫もしないで放ったらかしでは、やはり良くありません。

これを、1000年単位とかで考えると、放ったらかしの人工林がどうなるかまではちょっと想像つきません。もしかしたら、いったん崩れた後に自然に広葉樹が生えてきて、天然林として生き返ってくるなんてことがあるのかもしれませんが、それはではあまりにも無責任と言うものでしょう。

今野亨建築設計室 今 野  亨
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2005/08/08

今日、久しぶりに実家に電話をした。
近くに住んでいるとはいえ、出入りする事も少なければ電話も2ヶ月ぶり・・・らしい。(母が言っていた)

うちの実家は農家なので、今は「だだちゃ豆」の最盛期で大忙しのはず。
電話に出れないかな〜と思ったけど、電話口からは元気そうな母の声。

その母の、まず第一声が「なしたな?(どーしたの)」

久しぶりに電話した娘に「なしたな」って事はないと思うけど、私が電話する時は「お願い!」の時だもんね。「今度は何?」って思ったに違いない。
実を言えば、私も、「春香から電話がこなくていいの〜」と、両親は話しをしているだろうな〜、とは思っていた。

「お父ちゃんと、(春香のことは)「そーっとしておこうのー」と言っていたんだーーー」と、言っていたから想像は当っていたみたい。(-_-;)

知人から頼まれた枝豆を注文し、電話を切ろうとしたら「あんまり音がなくて、さすがに心配で昨日会社の前を通ったなー。まだ会社あっけのー」と笑っている。

全く信用がないようだ。

いくつになっても、子供は心配なんでしょうね。
・・・って、私だけですか?

2005/08/05

新しいスタッフ佐藤さんは、普段すまいるリフォームセンターにいるので、相変わらず会社には角屋さんと2人きり。
なのでスタッフが増えた・・・という実感はなし。

それが昨日、佐藤さんが会社に用事があってやってきた。

角屋さんと佐藤さんが、2人ならんでいる姿をみたら「わーー。私って、この若い2人の将来を背負っているんだ」と、しみじみ思うものがありました。

去年の今頃、スタッフを採用するにあたって私は頭を悩ませていました。
世の中“就職難”というけれど、求人を募集しても反応はなし。
なぜ?

誰かいないかな〜と、思いをめぐらせているうち、1人の顔が頭に浮かびました。
「そうだ、彼女の友達ならいいかも。」
その彼女Kさんとは、アパートを紹介した事が縁で、勤めている会社の営業に来たり、私が会社に行ったりとお付き合いしていました。
気持ちも良く、一生懸命仕事をしている彼女の友達なら間違いない。
類は類を呼ぶ・・・っていいます。

「ねぇねぇ、彼方の友達で誰か来てくれるような人いない?」と聞いてみた。
「えっ〜〜。(考えている様子)・・・いませんね」キッパリ!
「そんな〜。もっとちゃんと考えてよー。」
しつこくねばる私に「いたら電話しますから〜」と彼女は言った。

そして3日後、Kさんは本当に電話をくれた。

「早坂さん。いましたよ。いいコが・・・」
文字にするとなんだか怪しい感じだが、まぁいい。

「えー。どんなコ♪」
「私の会社の後輩で、最近辞めたんですよ。とっても良い子で、若いのにしっかりしてます。彼女だったらお勧めします。」とKさんは言う。

「じゃあ、そのコ採用!決まりね。で、いつから来れるかな?」
あまりに簡単な私に「待って下さいよ〜。一応会ってからにして下さい。」と慌てていた。

で、一応会う事にして、やってきたのが角屋さん。
予想以上にステキな女性でした。

そして今回、角屋さんに「あなたの友達で誰かいない?」って聞いたのも、彼女の友達なら間違いないって思ったから。
そして、前の会社で同期だった佐藤さんを紹介してくれたのです。

すごく簡単に決めていると思うでしょ。
でも、違うんですよ。
私は、彼女達が勤めていた会社に採用されたのなら間違いない・・・って思ったんです。
そこの社長に会ったら「キチンと教育してくれてありがとう!」とお礼をいいたいくらい。(もちろん言いませんが・・・)

だから私も、角屋さんにも佐藤さんにもずーーっといて欲しいんだけど、万が一、何かの理由で辞める事になった時、次の職場で「早坂さんのところにいたのなら大丈夫」って思ってもらえるよう、私自身頑張らなきゃ。って思います。

いつか、そんな会社にする。
私の夢かな・・・

2005/08/04

木M

先週、日本の人工林の木材蓄積量が増えていると言う話をしました。

日本の山の木が増えて、前にお話したCO2の固定量が増えて、これは良かった、となるかと思えばそうでもないようです。

人工林は成長期が終わって成熟期になると、相対的にみて二酸化炭素を吸収しなくなります。そこで木を伐って使う、そして植林して、また木が成長するときに二酸化炭素を吸収してくれる。となればいいのですが、1.木を伐らない、2.木を伐って使えるように手入れしていない、3.木を伐っても植林しない、と言うのが日本の多くの人工林の現状のようです。

そうすると、日本の山は木材を抱えたまま、荒れる一方になるわけです。今、日本がつぶれて地中に埋もれてしまうと、何千万年か後に原油になって出てくるなんて事があるかもしれませんね。などと、笑い話のような話をしている場合ではないようです。

外国から木を輸入して、外国の森林資源を荒らしている状態と、日本の木を使わずに、日本の山を荒らしている状態を見ていると、目の前の経済性だけを優先させてきたことへのつけが回ってきたような感じがします。

でも、木を使わないとどうして山が荒れるのでしょう。

自然の山は、人間が手を加えなくてもずっと健全な状態を保っているんじゃない?と言うような話を、来週したいと思います。

今野亨建築設計室 今 野  亨
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

あづい!\(−"−)/

2005/08

昨日からものスゴク暑いですね〜。
どうぞお体にはご自愛下さいませ。

今日は午前中人間ドック1日コースに行ってきました。
急激な体重増加にともない、血圧も高くなっててビックリ!しました。

ついこの前までは気休めで受けていた検診も、今じゃドキドキです。
逃げるように帰ってきました。

さて、今日は久しぶりに不動産屋らしいお話を・・・

先日、お客様に「どんな中古住宅を選べはいいですか?」と聞かれました。
娘さんは「リフォーム済み」でキレイになっている中古住宅しか興味がなく、お母さんが「隠れているから却って心配」と口論(?)になり、それじゃあ早坂さんに聞いてみよう・・・という事になったみたいでした。

中古住宅の場合、その物件に自分が合わせられるかどうかが問題になるので、同じ物件でも、その人の価値観によって「良い」と思う人と「ダメ」って思う人がいて、良し悪しは一概には言えないのですが、それでも最近つくづく思うのは「日当たりと風通しの悪い家は注意が必要」ってこと。

これは築年数が新しくても古くても同じ。
いくら築年数が新しくても「日当たりと風通しの悪い家」は、特に小さなお子さんがいると体に影響がでてくることがあります。(アレルギーとか)

床下点検口があれば、そこから手をいれてみて、床下に風が流れているかどうか確認してみて下さい。
もし床下の土がジメッとしていたり、風の流れが悪ければ、地面から湿気が上がってくることがあるので対策を講じる必要があります。
床下換気扇、調湿材、ビニールシートを用いたり、床下が周囲の地面より低いようであれば周囲を掘ったりします。
(※今野さん、今度詳しく書いてくれませんか?)

リフォームする前であれば、クロスがカビていれば「湿気やすいのかな?」とか、天井にシミがあれば「雨漏り?」とか、洗面所の床がフカフカするようであれば「白アリ?」など、疑うことができますが、リフォームしてクロスがキレイに貼られていれば何もわからない。
リフォーム後のキレイになっている中古住宅の場合も、必ず床下はのぞいて下さい。

健康に過ごせる家が何よりだってホント思います。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved