山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


5月のひとり言

2006/05/31

最近会社にいることが少ないです。
よって、会社に寄ってくださる同業者さんは「いつ来ても早坂さんいないね。忙しそうだの〜」と言って行くらしいのですが、実はそうでもないのです。

今日が忙しい日なのかヒマなのかは事前に予測できます。
お客様の来店予定もなければ、会社にいても何もすることのない日は、ケータイを片手に行方をくらまします。

何かあれば、角ちゃんがケータイに連絡をくれるので心配はいりません。

鶴岡市内をドライブしたり、本屋さんで立ち読みしたり、不動産屋さんにお茶を飲みに行ったりとウロウロしています。
ですから、「ケータイに電話したら悪いのでは・・・」と思っているお客様がいらっしゃるようですが、心配は全く無用です。

今日は角チャンがお休みなので1日会社にいるのですが、ものすごい本を見つけてしまい、ヒマなのをよいことに没頭して読んでいます。
私にとってタイムリーな本でした。

感想は近いうちに・・・

2006/05/28

先日、長男(小3)の家庭訪問で「文章を読む力を身につけましょう」と言われました。

やっぱりそうか。

家庭訪問の数日前「男の子を伸ばす母親は、ここが違う! 松永暢史著」という本を読んでいた。
その中に、「パソコンゲームやテレビゲームばかりしている子供は、“問題にじっくり取り組み、隠された真実を読み取る力”が失われてしまう」と書かれています。

あ〜あ〜。気がつけばゲーム三昧の息子だもの、読み取る力なんかとっくに失われていたんだろうな・・・(ーー;)

それに、「食事のときにテレビをつけっぱなしにしている家庭では、子供の国語力はつくはずがない」とのこと。

食事の時だけではない、1日中テレビがついている我が家では国語力は皆無だろう。(T_T)

ちなみに「国語力」とは、『文章を正しく読み、内容を理解し、そして自分の考えていることを的確に伝える文章をつくる力』だそうです。

自分の考えている事を文章にして伝えることはとても難しいことです。(私にとって)
こんな大事な事、なんで学校で教えてくれなかったんだろう・・・と、つくづく思うのですが、本によると、この「国語力」は学校で教えるものではなく、家庭でしか伸ばせないものなのだそうです。

今、仕事をしていくうえで、もっとも大事なのが、この「国語力」だと痛感しています。
自分の思い、考えを上手に伝えることができる人は、どんな社会でも生きていけます。
お金は残してあげられそうもないけれど、この「国語力」を伸ばしてあげることができたら、子供の財産になるはずです。

子供と一緒に学んでいきたいと思います。

その他にもこの本には、母親(女性)では理解できない男の子の行動のナゾが解き明かされています。
「何回いったらわかるのよ〜!!!」と怒鳴ったところで、男の子には効果なし。
男の子は、「なぜそうなるのか」「どうしてこんなふうになるのか」がわからないと納得しないのだそうです。
叱るにも頭をつかいます。親も大変です。(-_-;)

2006/05/25

木曜日は木の話  その141

先週の続きで、既製品の木製建具と現場製作の木製建具の違いについてお話したいと思います。

色柄の場合で見てみると、既製品の建具の場合、枠と建具がセットであるため、わざわざ合板や塗装の色合わせをしなくても、同じ仕上げで統一されます。また、建具枠以外の造作材(巾木・廻り縁など)と同じ色柄にすることもできます。枠・建具ともに、表面はプリントのシールのものが殆どなので、すべて色をそろえることができるわけです。それに比べて製作建具の場合は、枠の塗装と建具の塗装(あるいは合板の色)をあわせようとしても、素材(木材)の色の違いや塗装のしみこみ具合で、色合わせをしても必ず色違いが出てきます。

建具にとって肝心の建付けについても、既製建具のほうが寸法の狂いが少なく、金具での建付け調整もしやすくなっています。それに加えて、既製建具の形や柄の種類も増えて、以前は高かった値段も製作建具に比べて負けていないのが現状です。唯一、特殊な寸法(大きかったり小さかったり)の場合は現場製作の建具になると言った感じでしょうか。

と書くと、既製品の建具が普及してきたのがあたり前のようにも思いますよね。

では、いま自分の家を建てるとしたら既製品の建具を使うかと言うと、答えはNOです。その理由のひとつは、やはり既製建具は真壁には合いません。私は基本的には真壁の建物が好きなので、自分の家を建てるとしたら真壁にするでしょう。それともう一つ、考え方が古いのかもしれませんが、どう見ても既製建具は味気なく見えてしまいます。全部同じ色、全部同じ形で、同じ表情をしています。そもそも、そんなに色を合わせる必要があるのかどうか、基本的な性能に変わりなければ、そこにウェイトをおく必要は無いわけですよね。

事務所に使っているシナ合板のクリア塗装の建具は、木の目によって模様や色が違っていたり、節っぽいところや黒いしみのようなものがあったりします。日に焼ける部分と影の部分で、色もずいぶん違ってきています。でも、そんな表情が良かったりもするわけです。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2006/05/24

嬉しかった事。

お客様に「不動産屋さんって、夢のある良い仕事ですね♪」って言っていただいたこと。
夢のある仕事なんて言われたの、初めてかもしれません。

そして、私自身も“夢のある仕事”をしていることを忘れていたような気がします。

この仕事を始めた当初は、新しい生活が幸せであってほしい。
そのためには、どんな物件だったら楽しく生活していただけるんだろう・・・そんなことばっかり考えていました。

でも、最近の私は、「お客様が後悔しないような物件を紹介したい。」その想いが強かったような気がします。

どっちも大切なんですが、後悔させないのは当たり前のこと。
それにプラス、喜んでいただける物件を紹介するのが仕事なんですよね。

初心を思い出す事ができました。

先日、3年ほど前から中古住宅をお探しのお客様より電話がありました。

「早坂さん。どーしたらいいと思う?早坂さんから買うから「これだ!」って思う物件、早く紹介してくれ〜〜」とのこと。

3年来のお付き合いなので、そのお客様がどんな物件を希望しているのかは、十分承知しているつもりです。
でもないのよ〜。(T_T)

しかし、久しぶりにゆっくりとお話をし、新たな展開がみえてきました。
それを提案するまではもう少し頭をひねらないといけないのですが、これが形になればきっと喜んでいただけるはず。

お客様の笑顔が見れるこの仕事ができて、私、幸せです。

2006/05/19

最近、売買の案件が続き、あちこちの銀行に行ったり来たりしていました。

住宅ローンを借りる際に、お客様自らが「○○銀行で借りる」と決めているケースではその銀行(支店)に書類を持っていきます。

しかし、「早坂さんが良いと思う銀行を紹介してください」と言われた時は、いろんな事を考えます。

まず最初に、お給料が振込みの場合、振込みされている銀行をまず候補にします。
(給与振込みをしていると、金利が優遇されたりするのです。)
会社の都合でその銀行しかダメな場合は特にそうです。
もし、給与の振込先を変更する事ができる場合は、選択肢を広げて考えます。

その際に、まず最初に考えるのは「このお客様のために、一生懸命対応してくれるのは誰だろう?」ということ。
どの銀行・・・ではないんです。

先日、あるお客様が、ご紹介した物件を気に入って下さり、購入したいということになりました。
しかし、話しを聞くにつれ、住宅ローンを借りるはとても難しそうでした。
あと数年待てば借入は可能かもしまれせん。
しかし、その時に今以上の物件が現れるかどうかはわかりません。

私がどーのこーの考えても話が進むわけではないので、とにかく銀行に相談に行ってみることに。
さて、誰に相談したらいいんだろう・・・

その物件の売主様側の仲介している不動産業者さんに相談をしたところ、「○銀行のSさんが良いのでは・・・」と紹介していただきました。

その銀行は、以前(かなり前ですが)の担当者が嫌で今まで避けてきたのですが、現在の住宅ローンの担当者はとても一生懸命な人とのこと。
わらをつかむ思いで、お客様と一緒に行ってきました。

「正直、難しいと思います。しかし、もし今回の結果がダメでも、これからどうしたらいいのか検討することはできます。やってみましょう。」と言って下さったのです。
それまで緊張していたお客様でしたが、ホッとした表情をされていました。
この人に相談して間違いなかった・・・私まで嬉しくなりましたね。
(後日、無事に融資の承認がおりました。)

かと思えば、

住宅ローンではない融資の相談をするため、その物件に近い、ある銀行の支店に電話をした。
融資の担当者は来客中とのことで、折り返し電話をいただくことに。
2時間後に電話が入り「融資の相談に行きたいのですが、お時間いただけませんか?」と伝えた。

返事は「話だけは聞きます」とのこと。

話を聞くだけだったら誰にでもできる。
融資を進めてもらうためにはどうしたらいいのか相談したいのだ。

「具体的に相談したいのですが、よろしいですか?」と、再度聞いてみた。

返事は「話を聞かなければ相談にのれるかどうかわかりません。」ときた。

ここで私の怒りは頂点に。
しかし、お客様のことを考えればここでキレるわけにはいかない。(と、心では思っていたが、声は震えていたような気がする。)

お客様に事情を話し、このままその銀行に相談するのか、それとも別の銀行に相談するのか決めていただくことにした。
お客様は「早坂さんにお任せします。」とおっしゃった。

・・・もちろん別の銀行に相談に行きました。

その銀行の担当者は、お客様が不安でいる点、悩んでいる点も明確に説明してくださり、帰りにお客様は「道筋が見えてきました」と晴れやかな表情をされていました。

もし、あのまま、あの銀行の担当者に相談していたらこーはいかなかっただろう。

今回のことで学んだ事。

@電話での応対は見えないだけに恐い。直接会って話すときより気をつけて、より丁寧にすることを心がけよう。
Aやるだけやって、それでもダメなら納得していただける。お客様にとっても、そして自分にとっても後悔のない仕事をしよう。

仕事とは日々勉強です。

2006/05/18

木曜日は木の話  その140

木造住宅の木製建具

住宅には多くの木製建具を使います。基本的な構造には関わりませんが、機能としては重要な部分です。

木製建具といえば10年ほど前までは、現場で大工さんが加工して取り付けた枠を建具屋さんが寸法を取って、一枚ずつ現場に合わせて作っていました。デザインもその家その家で違っていました。その後、少しずつ建材メーカーの既製品の木製建具が普及してきて、この5年ぐらいの間に住宅の現場では既製品の建具のほうが多くなってきました。

既製品の建具の多くは、枠と建具がセットになっています。そのため、始めは大壁の洋室に使うのがメインでした。その後デザインや種類も増えて、今では大壁の和室が多くなったこともあり、和室の襖や障子も含めて全てが既製品建具ということも珍しくなくなりました。

もっと前の話をすれば、40年ぐらい前までは外回りの建具も木製でした。そこに、昭和40年代に木造用のアルミサッシが登場して、アルミサッシはその優れた耐候性や気密性から一気に普及しました。

40年前、私はもちろん生まれているので感覚としてわかりますが、いま家を建てようとしている人の多くはまだ生まれていなかった時代のことになります。

既製品の木製建具が普及した理由は、今の施主のニーズがより既製建具に傾いているということもあると思いますが、施工側からの誘導という面があることも事実のようです。それは、建具廻りは床鳴り等と並んでアフター(クレーム)の多い部分であるということが関係しているのかも知れません。その内容の多くは建付けの問題でしょう。それと、着色した場合の色むらなどもあります。

では、既製品の建具と現場製作の建具は、どこがが違うのでしょうか。というような話を来週にしたいと思います。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2006/05/15

先日、羽黒町内の小学校のPTA役員会があった。
その中に、見たことはあるものの、どこで出会った誰なのか、どーしても思い出せない先生がいた。

別にわかったからどーなるものでもないのだが、なにやらスッキリしない。

意を決して「あの〜、どこかでお会いしませんでしたか?」と聞いてみた。
その先生も随分考えていたが思い出せない様子。
そしてよーやく「あーーー!!アパートを探しに行きました。」と思い出してくれた。

そうだ!現在のアパートが更新のため、新しいアパートを探しに来店してくださった方だった。

「探しに行ったのに、「ありません!」ってハッキリ言われたんですよ〜」と恨めしそうに言っていた。

そう、確かに言った。

でも、先生の要望は「消雪付駐車場の、静かなアパート」だった。
消雪付駐車場のアパートは探せても、静かなアパートを探すのはとても難しい。
ヘタに紹介して「うるさいので引っ越したい」と思われては、かえって迷惑をかけてしまう。

しかし、よーく話を聞くと、現在のアパートは、2階の音はもちろんのこと、左右の音まで筒抜けらしい・・・まだ新しいアパートなのに、少しビックリ。
今より静かであれば、それで良かったようだ。

だったら紹介できたかも・・・

どのくらいの「静かさ」を求めているのか。
どんな音だったらガマンできるのか。
ちゃんと話を聞いていたら、ご紹介できるアパートがあったかもしれなかったのに。

わざわざ足を運んで下さったのに、本当に申し訳ないことをしてしまいました。

この先生の話を聞いて、「せっかく行ったのに、物件も紹介してもらえず、無駄足だった。」と思っているお客様が他にもいるのではないかと心配になってきました。

いろいろと聞かれるのが嫌なお客様もいらっしゃるので、最初に声をかけた後は、こちらから声をかけることはしていないのですが、もし「こんな物件を探している」という希望などあれば遠慮なく声をかけて下さい。

もっともっと、お客様の話を聞く力が身に付くように頑張らねば!

2006/05/11

木曜日は木の話 その139

山の木

先週の木曜日は5月4日、お休みだったので木の話も休ませていただきました。
この日はゴールデンウィークの中で唯一、丸一日仕事の用事がない日でした。そして約半年ぶりに山に行ってきました。
冬の山には行っていませんが、今年はやはり雪が多かったのでしょう。いつもの年よりも雪害と思われるものがたくさんありました。

根元から倒れているものが一番多く、土がついた根っこごと倒れています。他には幹がボッキリ折れているものがありました。
そして、意外に多かったのが途中から折れ曲がって幹が割れている(裂けている)もの、これは今までに見たことの無い形です。やはり雪の降り方が、今までの年とは違うということなのでしょうか。

それと、去年の春に挿し木して順調に根付いていたサワラも、引きちぎられるように折れていました。
斜面の中では一番ゆるくなっていて、一応は雪のことも考えて場所を選んだつもりでしたが、なかなか難しいものですね。

それと比較して、尾根沿いにあるミズナラの実生には被害らしいものは見当たりませんでした。そのあたりでは杉の木の被害もありませんでした。尾根には雪が積もりにくいのでしょうか。あるいは、斜面の場合は雪が降ったり融けたりする際に、下にすべるために被害が出やすいのかもしれませんね。

家の山は、私が整備し始めてから5年目になります。除伐もだいぶ進んでいますが、やはりまだまだなのでしょう。木の混んでいる所の被害が多いようでした。今年も頑張って山に行きたいと思っています。

山の木の事は色々とやってきましたが、私は山菜やキノコのことをほとんど知りません。山菜採りと呼べるものはほとんどしたことが無くて、もちろんどれが食べられる山菜なのか、足元に生えていても分かりません。ということで、今年は知り合いの大工さんにお願いして、山菜採りに連れて行ってもらうことになっています。今から楽しみです。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2006/05/08

あの〜「5月病」って知っていますか?

私、今まで、新入生や新入社員が、新しい環境に適応できなくて、不安や焦りからストレスになることだと思っていたんです。

ところが最近では、受験や入社試験に対するストレスから解放され、入学や入社といった目的を達成した後の次の明確な目標を見失ってしまう事が原因で、不安定な精神状態に陥ることを言うのだそうです。

症状としては、めまい・頭痛・疲れやすい・朝起きにくい・動機・肩こり・イライラ感・無気力・思考力の低下・判断力の低下・食欲の低下・睡眠傷害などがあるそうです。

私、毎年4月になるとこれらの症状がでていたんです。食欲の低下以外ですが・・・(-_-;)

3月が忙しいから4月になると気が抜けるのかな・・・と思っていたんですが、私、5月病だったんですね。
今頃気がつきました。

私はもともと、あーしたい。こんなこともしたい。って目標を立ててそれに向かっていくのが大好き。
ですから、目標が見つからない現状がとても不安で、こんなんでいいわけない・・・って焦ってしまうのです。
でも、気持ちは焦っていても、頭が動かない。
そして、思考力が低下しているのが自分でもわかるだけにイライラする・・・
ここ1ヶ月、悪循環のくり返しです。

しかし、5月病は1、2ヶ月で治るそう。
そう考えれば、この症状もあと少しで治まるはず。
5月病のサインを、目標を達成したご褒美だと思って、あと少しボーッとしていようと思います。

もちろん、仕事はきちんとしますよ。
ご心配なく。(^^)

2006/05/06

ゴールデンウィークも残すところ、今日と明日の2日間。
皆さん、楽しんでますか〜?

私は今日から仕事なのですが、電話もなければ来店もなく、しずか〜な時間を過ごしております。
こんな日は、仕事モードにはならないもので、GW中の報告を・・・
たいした内容はありません。(^^;)

5/3
長男の友達を含め、子供3人を連れ月山高原牧場に行く。
なんと、雪がある。
しばらく雪合戦などしていたが、すぐに飽きてきた様子。
「お母さん、ジャスコ行こー」と言われたものの、今年は「お金をかけずに楽しむGW」ときめていたため、即座に却下!

立川の風車村へと向かう。

この風車村は、すべり台などの遊具もあれば、「どらえもん」や「おじゃる丸」の映画(と言っても15分位ですが)も無料で見ることができる。
母のお気に入りのスポットなのです。

5/4
茨城から親戚がやって来た。
子供たちの従妹にあたるももちゃんと一緒に、加茂水族館に行く。
なんと、入口には行列が・・・始めて見たかも。

子供達は、「順路」を無視しドンドン突き進む。
一通り見終えたところで退散。

その後、近くの海岸で、海遊びをする。
カニや貝殻をゲットし大喜びの子供たち。
しかし、「春の海を泳ぎま〜す」と、飛び込まれたときはさすがにビックリ。
着替えを持ってきていたものの、まさかそこまでするとは・・・

幸い、天気も良く風邪をひくことはなかったものの、周りの人の目が痛かった。

5/5
親戚が子供達をジャスコに連れて行ってくれ1日フリーに。
何をしたらいいのか悩む。

・・・・悩んでいたら子供達が帰ってきた。

「子供と遊ばなきゃ」と思っていたけど、実は、遊んでもらっているのかも。

以上、あっという間に3日間が終了。

2006/05/01

気がつけばもう5月。
友人は9連休とか言っていたっけ。
羨ましいような、恐いような・・・

昨日は、子供達を連れて酒田の飯森山公園に行ってきました。
「ねぇ〜。お母さん、今年のゴールデンウィーク、これで終わりってことないよね?」と言われたものの、母はそのつもりだったわ。(-_-;)

お金をかけずに遊べるところ、どこかないですかね〜。

さて、今日は

申し込み<売買 中古住宅編>

100%満足いくお住まいは、注文住宅を3回建てても難しいといわれています。
ですから、中古住宅の場合、そのお住まいを80%気に入っていれば決めても良いと言われています。
そして、めでたくそーいう物件と出会うことができました。

中古住宅の場合、同じ物件が1つとしてないため、2人同時に「買いたい」という方が現れる可能性があります。
そのために、すこし検討したいのであれば、仲介している不動産屋さんに「少し考えたい」旨を伝えます。
そして、お互いにきめた期間(通常1週間くらいでしょうか。)に結論を出さなくてはなりません。

そこで「購入する」という意思が固まった場合は、口頭でその旨を伝えるか、また、最近では「買受申込書」という書面に記入して、売主側へ購入の意思表示をします。
その際、10万円ほど申し込み金として預かるケースが増えてきました
(この申し込み金は、売買代金に充当されます。)

これで物件を押さえることができました。(ここでやっと一息です。)

次に住宅ローンの仮審査を受けます。
リフォームする場合は、リフォーム業者に工事の見積書をつくってもらい、その見積書と必要な書類を銀行に提出します。
2〜3日で融資が受けられるかどうか結果がでます。

万が一融資を受けることができないとか、希望の金額を借りれない等の理由で、購入を見送る場合は、直ちに不動産屋さんにその旨を伝え、申し込み金を返金してもらいます。
(申し込み金を支払う際に、返金してもらえるかどうか、確認しておいたほうが無難かも。)

融資が決まれば、いよいよ売買契約の締結です。

売買契約時に支払う手付金は売買価格の5%〜10%です。
もし、全額住宅ローンを借りて支払う等の場合は、金銭の授受がなくても売買契約は締結できますので、不動産屋さんに相談して下さい。

そして、同時に、金融機関に住宅ローンの申し込みを行います。

住宅ローンの融資を受ける日に、その銀行に、売主・買主・所有権の移転手続きをする司法書士・不動産業者が同席し、売買代金の支払いと、所有権移転の手続きを同時に行います。

3、4日で権利書が出来てきますので、大切に保管しておいてください。

不動産の売買は、一生のうちにそう何度もあることではありません。
疑問に思う事は、どんどん質問して、スッキリとした気持ちで取り引きしていただき

近いうちに、<売買 土地編>をアップします。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved