山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


9月のひとり言

2006/09/28

木曜日は木の話  その159

ヒノキ

夏の間家では、茶の間と縁側の仕切りのガラス戸はずしておきます。元々きつい所があって、それをはめようとしたらやはりはまらなくて、仕方ないので削ることにしました。

戸首がある建具の首の下の部分を削るときは、際を削ることができる際ガンナを使います。今ではホームセンターでもそれほど高くない値段で売っています。(だいぶ前に買ったものなので値段は忘れました。)

シャラシャラと軽快な音で削っていると、何ともいえないいい香り、「んぅ、これはヒノキだ」。削ったカンナ屑は、両手に乗っかるほどの量です。せっかくなので、その香りを少し楽しむことにしました。

山に行って杉の皮をむいたときに、ペロンとうまく剥けたところを乾かしておいた半円の雨樋のような形になったもの、いつもは酒を飲むときにつまみをのせて使っていたのですが、それにカンナ屑をのせて茶の間に置きました。

広い部屋に置くとその香りは微々たるものですが、近くに行くとけっこういい香りがします。ちょっとしたアロマテラピー気分です。

ついでなので、秋田に行ったときにもらってきた杉の木をくり抜いたお猪口にもカンナ屑を入れて、車の中に入れておきました。こちらは少ない量ですが、狭い車の中なのでドアを開けたときにこれまたいい香りがします。

ちょっとくせになりそうですが、そのたびに建具を削るわけにもいかないので、よく桧を使う大工さんの現場に行ったときに、その端材をもらってこようと思っています。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2006/09/27

うちの弟は、ガス会社に勤めているので時々会社にやってくる。
今日も「姉ちゃん。何が仕事ね〜が〜?」とやってきた。
そこに1本の電話が・・・

電話を切り終わると、「俺がだ(俺達)って、やっぱり姉弟だよの〜。」と弟が言う。

なんでも、我が弟も電話で話しをしながらおじぎをするらしいのだ。
そして、その姿を会社の人にからかわれるらしい。

確かに、弟の勤務している会社で、電話口でおじぎをしながら話しをしている人はいないだろう。
でも、お姉ちゃんは弟らしくてイイと思う。

私なんて、気がつくと、受話器をにぎりながらイスから立っておじぎしてたりするけど、「ありがとうございます。」と言えば、自然に頭が下がると思うのですが、いかがなものでしょうか?

確かに他の人から見たら滑稽な姿かもしれないけれど、口だけ「ありがとう」と言っているのか、心から感謝しているのか、相手にはわかるような気がします。

直接会って話しをするよりも、電話での会話はその何倍も気を使います。
できることなら、電話を切った後「早坂さんと話しをして気分が良い♪」と思っていただければ最高です。。。。(まだまだ経験と修行が必要ですが。)

そして、電話より、もっともっと気を使うのがメールです。

友達同士であれば、(^^)とか(T_T)とか絵文字付きで送れるものの、お客様へのメールはそうはいきません。
文章だけで「感じがよい」とか「悪い」とか判断されてしまいます。

私のメールは、要件は箇条書きにしますが、その他は「これでもか!」というくらいまわりくどいです。
それが良いのか悪いのかわかりませんが、お客様の気分を害することがないようなメールを書ければと思っています。

こんな風にしたらいいよ・・・なんて、アドバイスなどありましたらぜひ教えて下さい☆

2006/09/25

今日はなぜか、6学区方面に用事が重なり3往復。
久しぶりにそちら方面に行きました。

現在、当社で6学区内に土地をお探しの方が3組いらっしゃいます。
時間もあったので、空地を探してウロウロ・・・

いや〜、あるようで、案外ないものです。

今年、当社で6学区内の土地の仲介が6件ありました。
2学区内の仲介が5件ですので、地元(?)より多いのです。

6学区は、町の範囲が広いため、他の学区に比べて売り物件が多いような気がします。
でも、ない・・・

不動産屋さんからの情報だけでなく、お客様に紹介できそうな空地があれば、法務局で所有者を調べて、売ってもらえないか交渉したりします。
ただ、この場合だと価格もいい値段がつくので、紹介しても「高い」と言われることも多いですね。

これが不動産仲介の難しいところでもあるのですが・・・

もし、6学区内に「売ってもいいよ」という土地がありましたら、ぜひご紹介下さい。

2006/09/21

木曜日は木の話 その158


今年の焼畑のとき、火をつける前に草や枝を散らばしていると、右足のふくらはぎが「チクッ」。足長蜂に刺されてしまいました。足元に巣があったのを知らずに踏んづけそうになったいたのです。家の山でも、今年は蜂が多いなぁと思っていたところだったので、やはり今年は蜂が多い年なんだろうと勝手に思っていました。

家のまわりにはないだろうなぁと思い、軒裏を見ながら一回り、・・・ありませんでした。まさか事務所にはないだろうと思ってみたところ、・・・なんと、このちっちゃな事務所の軒下に足長蜂の巣が三個も、ぎょエェー!今までは一度も巣を作ったことはなかったのに。

一つは直径3cmほどで、これは紙袋を使ってポイッと取りました。他の二つは10cmクラスで、これはとても袋でポイッてな訳にはいきません。

殺虫剤を買ってきて、翌朝の明け方まだ蜂が活動しないうちに、シュウゥーーー・・・。ボロボロと蜂が落ちていきました。かなりの数でちょっとかわいそうでしたが、こればかりは仕方ありません。

蜂を退治した後の巣をとりながらふと思ったことは、『軒』と言う漢字、家の一部を示しているのに木偏とかでなく車偏、???なぜでしょう。ちょっと調べてみましたが、残念ながらわかりませんでした。

もうちょっと調べてみたいと思っていますが、わたくし今野、漢字(国語)はあまり好きなほうではありませんでした。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

> 不動産情報同様、(ヘルスアップ)セミナーの経過もブログにいっぱい載せていってください!楽しみにしています。

と、お客様よりメールを頂戴していました。

その後、2週間で1.8kg体重が落ちました。
(ただ、元がデカイので見た目は変わっていないようですが・・・)

1日、100g〜200gの減量を目安にしています。
この少しずつがいいみたいです。

一気に前進しようったってそれは無理。
毎日、一歩一歩、目標に向かって進んでいきたいと思います。

応援ありがとうございます♪

2006/09/15

昨日は赤川の現場にて大工さんと打ち合わせ。
そして若干の図面変更が・・・

使い勝手を選ぶか、見た目を選ぶか悩んだものの、見た目より、実際に使い易いほうがお客様は喜んで下さるはず。ということで決着。

その他、図面ではわからない細かい部分の“仕掛け”をお願いしてきました。

そして、外壁のサイディングは「黄色」に決定。
「黄色」といえども4色もあり、実際に現場で色の確認をしながら決めました。
部屋の中で見る色と、外で見る色では感じ方が全然違うのです。

大工さんが「ちょくちょくお客さんが見に来るの〜」と言っていましたので、このHPをご覧の方で、見に行ってくださっている方がいるのでしょうね。

本当にありがとうございます。

完成は、10月中旬の予定。
10月21日(土)22日(日)には、完成内覧会を開催する予定でいます。
詳細は追ってまた・・・どうぞお楽しみに☆

2006/09/14

木の話  その157

高野槙:コウヤマキ

世間では、天皇家に41年ぶりに生まれた男子の話題で沸いています。名前は「悠仁」だそうで、その意味だとか同じ字を名前に使っている有名人だとかが、テレビで放映されています。

私は、「少子化の時代に一人でも人口が増えていいことだけど、この子は人口の統計調査には、その数として載らないのだろうなぁ。」などと考えながら新聞を見ていると、この子の『お印』というものに、『高野槙』が決まったと書いてありました。

槙いえば、日本書紀にスサノオノミコトが日本を作ったときに自分の髪の毛を植えて4種類の木を作ったとあって、杉・楠・桧と、もう一つが槙です。その中で「杉と楠は船に、桧は宮殿に、槙は棺にせよ」とあります。

高野槙という木は紀伊半島の高野山のあたりにおおくみられるので付いた名前だそうです。東北・北海道にはほとんどないようで、この辺では建築用材としてもあまり目にしないですよね。成長が遅いので、庭木にすると樹形を長く保つことができるので良いそうですが、この辺で育たないのは残念です。

私も、槙という木を意識して使ったことはありません。でも、この字を名称に使っている和風玄関サッシ(アルミ)がありますから、昔からなじみのある木なのでしょう。私があまり知らないだけなのかもしれません。

高野槙の材質はというとあまりよく分からないのですが、ある程度耐水性があるようです。浴槽にも使われるそうで、検索してみたところ高野槙の浴槽を使っている温泉を見つけることができました。

分類からいうとスギ科になるそうで、強度や重さはスギより少し上といったところのようです。今度、ちょっと気をつけて高野槙の建材を探してみようかと思います。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

先日、土地をお探しのお客様が来店されました。

一通りファイルをご覧になり「他の不動産屋さんで紹介してもらった土地もあるんですね。」とおっしゃった。

不動産業者は横のつながりがあり、物件情報を他の不動産屋さんにお知らせし、早く買いたい方が見つかるようにしています。(もちろん、他の不動産屋さんと情報を共有しない不動産屋さんもあります。)

ですから、親しくさせていただいている不動産屋さんには同じ情報があるんです。

お客様「例えば、気に入った土地が見つかった場合、どこの不動産屋さんに仲介を頼めばいいのでしょうか?」

早坂「やはり、その土地を一番最初に紹介してくれた不動産業者さんに依頼するのがいいかと思います。」

お客様「しかし、不動産屋さんごとの得意、不得意とかはないんですか?」

多分、“不得意”があれば、不動産業者として商売はやっていけないと思う。
不動産取引は当然のこととして、住宅ローンや火災保険、不動産取引にまつわる知識を持ち合わせていなければ、とても怖くてこの仕事はできません。

ただ、お客様と不動産屋さん(担当者)の相性はあるんだと思います。

同じ土地を後から紹介してくれた不動産屋さんの方が一生懸命に対応してくれて、この人に任せたい。そう思う事だってあると思います。

そんな時は「前に○○さんに紹介してもらったんですが、ぜひ仲介を○○さんに頼みたい。」そう話していただければ、不動産業者同士で話しをして、折り合いをつけると思います。

この辺りは、不動産業者さんによって対応が違うので一度相談してみて下さい。

気持ち良いお取引ができるといいですね。

2006/09/11

先日「アパートの駐車場に蜂の巣があるのでなんとかしてください。」との電話が。
見に行ったところミツバチの小さな巣だったので、アースジェットを買ってきて一噴射。
無事、ハチを退治をしてきました。

不動産屋さんは何でもしなくてはならないのです。

そして、駐車場の両端には草がボーボー。
近いうち、草むしりをしてこようと思います。

不動産屋さんの仕事は何でもありです・・・

2006/09/08

いよいよ赤川の建売住宅の建て方が始まりました。

3方に住宅が建っているため、窓の位置には気をつけて間取りを考えました。
窓の位置が、隣家と同じというのは落ち着かないものです。

隣家のリビングの窓の位置からずらしたり、トイレやお風呂の窓の位置が隣家の窓と重ならないようにしたりと、予定通りの配置に一安心。

そしてこの時期に、アパート・貸家を案内して気になるのが、風の入らない部屋があること。
お客様がいらっしゃる前に窓を開けて換気をしようにも、風がとおらない。

なんでこの位置に窓をつけなかったんだろう?とか、
もう少し大きい窓にすればよかったのに・・・と思うことがあります。

エアコンをつければ済むのかもしれませんが、朝晩の涼しい風はぜひとも部屋に送り込みたいもの。

内覧する際には、そんなところも気にしていただければと思います。

さて、昨日の万歩計の合計歩数はナント・・・832歩。
太るはずです。(-_-;)

2006/09/07

木曜日は木の話  その156

火Q

私は、冬になると毎日事務所で火鉢に炭火を熾します。木炭がたくさんあると、とっても裕福な気持ちになれます。ピザ窯の準備をしているときは、薪がたくさんあるととっても裕福な気持ちになります。お金があっても裕福な気持ちかもしれませんが、それとは全然違う、何ともいえない心地よさです。でも、灯油やガスが家にいっぱいあっても、そんな気持ちにはなりませんね。この違いは何なのでしょうか。やはり、少し手間がかかっても、自分の手で素性のわかることをしている、火を使って暮らしていると言う気持ちが、そこに沸いてくるからのような気がします。

ピザ釜で使う薪の量は、思ったよりも少ないものです。しかも、熾き火ができたら釜の上に移して、網をのせれば炭火焼ができるというおまけ付きです。

冷めた焼き魚を電子レンジでチンすると、温まりはするものの、なんか生臭いというか味が落ちますよね。同じ暖めるのでも、アルミホイルにくるんで火で暖めると、焼きたてとはいかなくても電子レンジで暖めたものに比べるとずっと美味しいです。やはり火には、気分だけでなく何かがあるようです。薪ストーブなんかがあれば、そんな暖め方も簡単にできるわけです。

この味の違いは魚の場合が一番顕著で、同じレンジでチンでも、ご飯なんかは全然ダイジョブですし、肉の場合も魚よりは味が落ちないようです。でも、やっぱり火で暖めたものにはかないません。

そんな生活の火を大切にできたら、心豊かな生活ができるような気がします。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

気がつけばもう9月。
食欲の夏が終わったとおもったら、今度は食欲の秋に突入です。
なんでこんなに美味しいものがいっぱいあるのでしょうか・・・(^^;)

さて、先日の人間ドックでことごとくひっかかかったワタクシ。
「痩せなければ大変なことになりますよ〜」と言われ、ついに今月からダイエット開始です。
今日はまず血液検査と身体測定から・・・

ナント体内年齢は・・・61歳ですと。

どーりで最近疲れやすいわけです。

万歩計を渡され、毎日体重と共に記録をしなければなりません。

1人だとズル休みしそうですが、多くのお仲間と共に歩むこの3ヶ月間で、ぜひとも成果を出したいと思います。

ちなみに、町主催のこのヘルスアップ教室。
募集は40歳〜でしたので、私は最年少の参加となりました。

なんだか少し悲しいです。(>_<)


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved