山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


12月のひとり言

2006/12/29

今日で、今年のひとり言は終わりです。
明日は午前中に大掃除をして終わり次第、今年の業務を終了します。

今回の年末年始休業は9日間も休むことになり、開業してから始めての大型連休になります。
年末年始中に来店される方もいるかもしれない。
こんなに休んで大丈夫だろうか・・・と悩みましたが、今年は思いきって休みを頂くことにしました。

私は今まで、子供たちのことを義父、義母に任せっぱなしにしてきました。

私がしていることといえば、朝から「早く起きなさい!」「早く着替えなさい!」「早くご飯を食べなさい!」
家に帰れば「宿題はしたの?」「早くご飯を食べなさい!」「早くお風呂に入りなさい!」「早く寝なさい!」。
一日中怒ってばかり。

言ってる私も疲れますが、言われている子供たちだってものすごく疲れると思います。
せめて、休みの間だけでも愛情と手をかけて接しなければお互いにキレそうです。

「お母さんはいつも怒ってばかりだけど、僕たちを愛してくれている。」
そう子供たちに思ってもらえるよう、母はこの休みを過ごします。
いっぱいベタベタします。
きっと嫌がられるでしょうが・・・(涙)

なお、会社の電話は私の携帯に転送しますので、何かありましたら遠慮なく、
会社 0235-23-7589 までお電話下さい。

どうぞ良い年をお迎えください。

今年一年、本当にありがとうございました。

2006/12/28

木曜日は木の話  その171

改めて構造計算書偽装事件L

今年も残すところ今日を含めて4日になりました。今年は一年を通じてずっと忙しく、お世話になったお客様や工事関係の方々にも感謝するばかりです。

住宅を建てるというのは、ほとんどの人にとって一生で一番大きな買い物です。そのお手伝いをさせていただくわけですから、万が一にも建物完成後にお客様がつまらない思いをしてはいけないと、どうやったら満足したいただけるか考え悩んだりしながら、一生懸命に仕事をしているところですです。

しかしながら、建物のことをわかりやすく説明して理解してもらうことは、なかなか容易でないことも事実です。特に構造のこととなるとこれがまた理解しにくいし、家を建てるにあたって他にも間取りのことやら資金繰りのことやら考えることがいっぱいあるのに、「構造のことを詳細に説明しても話がややこしくなるだけかな?」と感じて、軽めに説明して終えてしまっている場合が往々にしてあります。

しかし、やはりこれではいけないのだなと、特に最近強く感じています。

人間は弱いもので、人が見ていないとつい誘惑に負けてしまいがちです。それは、先週の話に出てきた大工さんだけではなく大なり小なり誰もが持っている部分です。でも、その誘惑を跳ね返すだけの力を私たちは身につけていかないといけないのです。そして、私たちがその建物に携わる建築士としての責任(設計監理をする責任、それを施主に説明する責任)を自覚しなおすことが必要でしょう。

それと合わせて、建主となるお客様にもそれなりの意識を持っていただかないと、対応できないところもでてくるのだろうと思います。

私が参加している大工塾では、1月からまた構造実験を行ないます。耐力壁や柱・土台・桁の仕口などの強度実験です。単に法令や告示での決め事どおりに設計して、現場でそのとおりに施工されているか監理していくというだけだはなく、実験ではなぜそういう形で決められているのか、そうしないとどうなるのかがわかってきます。そうすると、そうできない場合はどういう方法をとったらいいのかという応用も利くようになります。その応用の中には、基準に照らし合わせると外れるものがあったりするわけですが、データをそろえればそれが新しい基準として認められていくかもしれません。

私が事務所を開いてから丸14年がたちます。高校を卒業して仕事を始めてから27年です。正直言って学校での勉強は好きではありませんでした。なので高校も普通高ではなく実業高(鶴岡工業建築科)にしたとも言えます。

でも、いまこうして仕事をしながら必要なことを学んでいくことの楽しさというか充実感というのは、決して「仕事はお客様のため」などというものの考え方からは出てこないような気がします。

いまの自分の仕事はこれでいいのか、いいとすればなぜいいのか、自分の仕事に自信でははく確信を持てるようになりたい、そんな事を考える歳の瀬です。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2006/12/27

昨日で、今年の契約及び引き渡しは全て終了しました。
契約件数でいえば、今年は過去最高の契約をさせていただきました。
本当に本当にありがとうございました。

年初めには「今年はどんな年になるんだろう〜」と期待より不安の方が大きかったのですが、こういう結果で終わる事ができたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、契約をしていて気がついたことがあるんです。
それは、仲介手数料を頂く際に「ありがとうございました」と言って渡して下さる方がとても多いこと。
それに気がついてからは、私もお金を支払う際には「ありがとうございます」と言うようにしています。

来年も多くの「ありがとう」が言えるよう、そして言っていただけるような1年になりますように・・・(祈)

それから、3ヶ月間の「ヘルスアップセミナー」が終了しました。
結果は5.3kgの減。
しかし、まだまだ標準体重には程遠いのでした〜(T_T)

2006/12/25

いよいよ今年も残すところあと1週間です。

毎年、年末年始にむけて大量の本を購入するのですが、今年は本ではなく、様々なDVDを8本購入しました。
学びたい事、学ばなければならない事がい〜っぱいあるので、この休みの間に少しでも吸収できればと思っています。

会社に掲げてある日訓の中に「最大のサービスとは、君の人格を上げることだ」という、イエローハット相談役鍵山秀三郎氏の言葉があります。

昨日より今日が、今日より明日が、少しずつでも成長できるように頑張ります。
どうぞ見守っていて下さい。

2006/12/22

木曜日は木の話  その170

改めて構造計算書偽装事件K

先週お話した建築士法や建築基準法の改正と一緒に問題になっているのが、建築確認申請時のチェックのあり方です。詳細の構造計算を提出するものでも、今までは数値の入口と結果の出口のチェック程度だったものが、もっと詳細な審査をするようになっています。来年6月からは小規模木造建物(2階建て500u以下)でも、今まで審査の特例があったものがなくなって、構造関係の審査や検査が行なわれるようになるようです。

これらの審査や検査は普通に仕事をしていれば必要ないものであると私は考えますが、厳しいチェックや検査をしないと規律を守ることができないという判断をされたわけで、それだけ建築士を含めて建築業界の信頼を失ったということだと思います。大いに反省しなければなりません。

今年の春頃にこんなことがありました。初めてお会いした大工さんですが、紹介があって申請の図面を私が書きました。基礎や耐力壁、仕口の仕様のことなどを打合せしている時に「そんだ事しねまねなだがや、検査あんなだが。予算ていうものあるなださげ、さいねっていう事もあるなだもんだ。」???、耳を疑うような信じられない言葉が出てきました。

冗談半分ではなく真顔で、自分の仕事を否定されたと言わんばかりの激しい口調で私をにらみつけてくるのです。終いには私の話の途中で、怒って捨て台詞を放って事務所を出て行きました。検査がなければ必要なことさえしなくてもいいという考え、なんと恐ろしいこと。○ュー○ー・○村建設・○歯とまるっきり同じです。

いまだ冷めやらぬ構造計算書偽装問題に関連しての報道がなされている最中のことです。そうでなくても通る話ではないのですが・・・。その後なんとか説得して必要な事はしてもらいましたが、こんな人がいるかぎり検査や審査を厳しくするしか方法がないんだろうと思ってしまいました。残念なことです。

今までこの人はどんな仕事をしてきたのでしょう。もちろんこんな人とは今後付き合うことはないですが、この人がこれからも同じ考えで仕事をしていくのかと思うと、これもまた恐ろしくさえあります。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2006/12/20

去年の今頃は、何故かものすごく忙しく、個人の年賀状は31日に会社に来て作成しました。
しかし、今年は何故かものすごく余裕があり、今日年賀状を投函しました。

段取りがいいのかヒマなのか・・・
「年末の追い込みで忙しくって」と聞くとなんだか取り残された気分です。(T_T)

明日は、午前中に幼稚園のクリスマス会があるためお休みします。
午後からは、温海の中古住宅を見に行く予定ですが、会社には出社しません。
その後、真っ直ぐ実家に行き、夜は同窓会の打ち合わせです。

明日は、仕事以外でバタバタしそうです。

申し訳ありませんが、今野さんの「木の話し」は22日(金)に更新させていただきます。

2006/12/19

今日は、午前中に1件の引き渡しがありました。
銀行で残金精算後、そのお住まいに行きボイラー等の使用説明などを行なっていると、2階でお子さんが「わ〜い!僕の部屋カッコイイ!!」と喜んで飛び跳ねてました。
早坂さんも「良かった、良かった」と飛び跳ねたい気分でしたよ。
ご家族みんなに喜んでいただけて本当良かったです。
S様、これからもよろしくお願い致します。

そして午後からは、昨日に引き続き年末の挨拶まわりに市内をグルグルまわっていました。
なんだか久しぶりでドキドキしました。
お会いできなかった皆様、どうぞ良い年をお迎え下さいませ。

その後、一旦自宅にもどり地域子供会に参加。
いよいよ冬休みがやってきます・・・おばあちゃん、おじいちゃんヨロシク。

そして、7時30分からお客様との打ち合せがあるので、また会社に来ました。
ユンケル飲んでテンションも上がった事だしそろそろ行って来ます。

2006/12/15

最近、築年数の経過していない中古住宅がめっきり少なくなりました。
欲しい方は多いのですが物件がない。
不動産屋の私でも、どーしたら見つかるのかしら・・・と思っているくらいです。

中古住宅や土地の売却を依頼された場合、まず最初にする事が「近所へのご挨拶」です。
「近くに土地(中古住宅)が売りに出たものですからご挨拶にまいりました。お知り合いの方で、この辺りをお探しの方はいらっしゃいませんか?」と営業をかねてまわります。
(今年は、近所の方からの紹介で2件契約しました。)

不動産を購入する方は、その物件の近くにお住まいの方、あるいは実家が近い、という方が多いものです。
ですから、次にするのが、その物件のある町内にチラシをポスティングします。

ポスティングをせずに、すぐに広告を出す場合もあるので一概には言えないのですが、良い物件だと、ポスティングで大抵決まってしまいます。
広告を目にすることはないわけです。

ですから、広告だけチェックしていても、中々よい物件には出会えません。
では、何をすればいいのか。

不動産屋さんに「こーいう物件があれば連絡を下さい」とお願いをしておくのです。

「しつこくされるのは嫌」という方もいらっしゃるかもしれませんが、(地元の)不動産屋さんは、住宅の営業と違って、ドンドン営業をしてくる・・・なんてことはまずありません。
ずーっと連絡がなく、ある時思い出したかのように連絡が入る・・・って感じだと思います。

不動産屋さんって敷居が高いけれど、怖がらずに一歩を踏み出してみて下さい。
きっと大丈夫ですよ。

2006/12/14

木曜日は木の話  その169

改めて構造計算書偽装事件

世の中を揺るがした構造計算書偽装事件の発覚から1年が過ぎました。同じ仕事に携わるものとして、恥ずかしい限りです。

一時期すべての建築士の試験をやり直して、新しい建築士制度をつくるという話がでました。でも、それでは問題の解決にならないだろうと思います。この問題は建築士の知識や技術的な問題ではないですよね。職業倫理というか、人間性というか、建築の仕事とは別のところに大きな原因があって、それが普通では考えられないあってはならない事件を引き起こしています。

結局試験のやり直しは多くの反対意見の中で撤回されました。その代わりと言うのか、講習の受講などが義務付けられることになったようです。

今、建築基準法や建築士法の改正が進められています。設計事務所を管理する管理建築士になるには、資格を取ってから一定の実務経験を必要としたり、設計事務所に勤務する建築士も講習のを受けなければならなくなったりします。

また、一級建築士の中でより専門の立場にある構造設計一級建築士や設備設計一級建築士を定めるようになります。他にもありますが、機会があったらまたお話します。

今年の建築士の試験の合格率が、今までの半分ぐらいになっています。一級建築士の製図の試験の発表が間もなくですが、たぶんこれも合格率が下がるのでしょう。それもどうなのかと思いますが、世間に対して示しが付かないといったところなのでしょうか。それほど建築士の信頼を失っているわけですから、仕方ないことなのだろうと思います。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2006/12/12

昨日、セットプランに「鶴岡市稲生二丁目」のイメージ写真をアップしましたが、早速「前に載っていた苗津町の建売と感じが似ていますね」と鋭い指摘をうけました。(^_^;)

間取りは全く違うのですが、この感じの外観が好きなものですから、おのずと似た外観になってしまったようです。
近いうちに、間取り、場所、価格など詳細について提示できると思いますので少しお待ち下さい。

先週末に猛烈な胃痛、高熱に襲われました。
週末はずーっと寝ていましたので、昨日は体調ももどったのですが、どーもテンションが上がりません。

明日は予定がビッシリなので、ぼーっとしているわけにもいきません。
今日は早く帰って休もうと思います。

どうぞ皆様も体調管理にはお気をつけ下さい。

2006/12/11

今日は朝に2件の現場を回った以外、ず〜っと会社にいてお茶のみしてました。
明日も何も予定がないので、やっぱり1日会社にいる予定です。

師走なのにいいのでしょうか?

2006/12/07

木曜日は木の話  その168

アスベストK

先週に続いてアスベストの話をしたいと思います。

このアスベストがいったいどのくらいの建物に使われているのかはっきりはわかりませんが、使われている建材のリストを見てみると、木造住宅でもかなり使われている可能性があると思われます。先週の話で通常使われている状態では健康に被害がでるようなことにはならないようだと言いましたが、それでもこのままでいいと言うわけではありません。

公共の建物などでは除去作業も行なわれています。また、自治体によってはアスベストの調査費や除去作業にかかった費用に対して、補助や低利の融資をするなどの対応しているところもあるようです。とは言ってもお金がかかることに変わりはないので、特に民間や個人の場合はそう簡単に物事が進みそうにはありません。

でも、リフォームの際には必然的にそれを解体するわけですから、その時にアスベストが飛散する可能性もあるわけです。全解体であれば解体業者さんがちゃんと対応してくれるはずですが、一部のリフォームの場合は大工さんがバリバリと壊す、なんて事もあるかもしれません。その時はやはり注意しないといけないわけです。飛散しないように丁寧にあつかうとか、水で湿らせるのも有効なようです。

アスベストはその9割近くが建築材料に使われているようですが、それ以外にも使われています。そちらはまだ全面使用禁止になっていないとか、どうしてなのでしょう。

参考までにですが、アスベスト(石綿)と似ているものにロックウール(岩綿)があります。この岩綿は健康被害に対して影響はないとされています。石綿が天然の素材であるのに対して岩綿は人口の素材です。天然素材が有害で人口素材は害がないと言うのも、なんとなく変な気がしますね。アスベストのほうは太さが非常に細いので、空気中に浮遊しやすいなんてこともあるのかもしれません。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2006/12/06

先ほど、今年建築されたお客様より年末調整の件でお問合せがありました。

住宅ローン控除の適用を受ける場合、最初の1年目は確定申告になりますので、会社での年末調整は例年どおりになります。

なお、給与所得者の方が医療費控除、住宅ローン控除の適用を受ける場合などの所得税の還付申告をする場合は、申告書を平成19年1月から提出することができます。
鶴岡市の場合は、毎年マリカ3階に確定申告のコーナーが設けられるようです。

住宅ローン控除の対象になる方、また、今年不動産を売却して確定申告をしなければならない方には、年明け早々に必要書類などを記載したものを郵送していますので確認してください。

ちなみに住宅ローン控除の対象になる方は、新築住宅以外にも、築20年以内の中古住宅を購入した場合や、増改築などの場合でも対象になる場合があります。(控除が受けれる要件があります)

もしご自分が該当するかどうかわからない方は、税務署または仲介、施工した業者さんに確認してみてください。

今週1週間は、当初の予定では時間があるはずだったのですが、なんだかバタバタと過ぎていってます。

机の前には、しなければならないことが書かれたポストイットが所狭しと並んでいます。
明日はあいにく天気予報は雨でしたが、1日かけて整理したいと思います。
会社にいる時間はなさそうです。

2006/12/01

いよいよ12月に突入しました。

例年だと、来年の春にむけて土地を探しに来店される方がいらっしゃるのですが、今年は全くいらっしゃいません。
これも三隣亡(三輪宝)の影響なのでしょうか?

建築業者さんに聞いても、年内着工を控えているところが多いようです。

これから天気が良くなりますように・・・(祈)

今日、朝起きたら屋根に雪が積もっていました。
子供達は「雪だ〜♪」と大喜び。
前日に、角ちゃんから一足早いクリスマスプレゼントをもらっていただけに「なんかクリスマスがきたみたい☆」と騒いでいました。

子供っていいですね・・・(-_-;)

明日、仙台から打ち合せに来店されるお客様より「そちらの天気はいかがですか?」と電話が入りました。

丁度その時あられが降っていたのですが、仙台は晴天で気持ちの良い天気だそうです。
同じ日本でも随分違うものですね。

どうぞ運転には気をつけておいで下さいませ。

先月予定していた契約が全て完了したためか、昨日の夜は久しぶりにゆっくり過ごす事ができました。
来週1週間は比較的時間の余裕があるようなので、その間に年賀状の準備やらやれることを済ませておこうと思っています。

毎年お客様には年賀状ではなくクリスマスカードを送らせていただいているのですが、今年のカードも可愛かったですよ。
どうぞ楽しみにしていて下さいね。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved