山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


2月のひとり言

2007/02/28

早いもので、今日で2月も終わりです。
例年に比べ、なんだかのんび〜りしているのは当社だけなんでしょうか?
今が引越しシーズンなんだってことを忘れてしまいそうです。(^^;)

さて、先日「セットプラン」に長者町のセットプランを掲載しました。
現在中古住宅が建っており、5月から解体整地する予定です。
千石生協まで歩いてスグですので、毎日の買物にはとっても便利!!
前面道路も広く、明るい住宅街です。

「もう少し金額が下がるといいのに・・・」という方は、駐車場の舗装工事を一旦取りやめて、資金的に余裕が出てきた時に工事をされてはいかがでしょうか?
その場合だと、土地+建物=1,665万円(税込)で新築できます。

建売住宅だと、手抜き工事をされそうで恐い。
と心配される方もいらっしゃいますが、現在工事中の建物や実際に完成した建物を見ていただければ安心していただけるはずです。
お声をかけていただければ何時でもご案内できますよ。

こらから掲載予定なのが「苗津町のセットプラン」です。
2区画用意していますが、すでにお問合せをいただいております。
早目にホームページにも掲載したいと思っています。
どうぞお楽しみに。

2007/02/23

木曜日は木の話  その176

ネコの日

家には一匹の猫がいます。2000年の夏に国際村でイベントがあった時に、色んなお店と一緒に出ていた『この子猫をもらってください!』の人から譲ってもらってきたものです。家では前から猫を飼っていて、私が知る限りこの猫で5代目です。

猫は鎖につないでおくわけでもないのでいつの間にかいなくなってそのまま帰ってこなくなったり、病気が元で死んでしまったりで、なかなか天寿を全うすることは無いものでした。でも、最初のの猫は長生きで、私が小さい頃から15年はいたと思います。最後は動けなくなって、茶の間の箱の中で死んでいきました。

この猫は家を立て替えする前の古い家のときからいたわけで、その頃の猫といえば柱でツメを研ぐのが仕事、叱られても怒鳴られても負けずにガリガリやるわけです。でも、そのおかげでネズミが入ってこないと言う恩恵もあるわけで、人間と猫の共存と言ったところでしょうか。この猫は当然家を建て替えてからもガリガリやるわけですが、さすがに新築した家ではますます厳しくなったのと、年齢もそれなりになってきたからか、それほどひどい傷は残っていません。

最近では木造住宅でも柱が一本も見えない家が多くあります。???と思うのですが、鉄骨造や鉄筋コンクリート造がすべてむき出しになっているわけではないので、そんなものかとも思ってしまうところもあります。

鉄骨やコンクリートでも仕上げとして意匠的に躯体を現しにする場合もありますが、決して触れていて気持ちがいいとは思いませんよね(私だけですか)。でも木の柱や壁は(できれば無塗装)、夏に触ればサラッとさっぱり涼しげに、冬に触ればホンワリ暖かく感じる、んぅー、なんといい材料でしょう。猫がツメを研ぎたくなる気持ちとは関係ないでしょうが、私も真似をしたくなります。

家の洗面台の前には桐の板が置いてあります。フローリングは既製品の合板で塗装してありますが、朝晩の歯磨きはその桐の板に裸足で乗っかっています。高気密でもなくオール電化でも全室暖房でもないなかで冬でも暖かく感じる桐の板は、なんとも不思議に思えます。

よく猫好きか犬好きかと言うような話が出たりしますが、私はのんびり日向ぼっこしたり、畑でネズミを追っかけたりして気ままに暮らしている(ように見える)猫が好きですね。今日2月22日はネコの日だそうです。いつからそうなったのかわかりませんが、そのずっと前から私の誕生日でした。

追記

先週と先々週に連続で水曜日・木曜日続けての研修があったので、木の話をお休みしました。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2007/02/21

毎日仕事もせずに確定申告の準備をしています。

角ちゃんに「あの請求書どこにある?」とか「この金額なんだっけ?」とか、記憶をたどってもらいながら順調にすすんでおります。(^^;)

あと3日もあれば終わりそうです。
早く終わらせて仕事に没頭します。

さて、昨日今月号の「不動産情報&ニュースレター」を発送しました。
早い方だとお昼頃にはお手元に届いたようで、早速2件のお問合せをいただきました。
本当にありがとうございます。

メールでの購読を希望されている方には、明日には更新の案内が届くと思います。(今日、角ちゃんが休みのため更新できませんでした。すいません。)

今日、アパートをご案内したお客様。
事前に持ってくる予定の冷蔵庫や洗濯機の大きさをメモしていました。

1件目のアパートは、気に入っていただけたようだったのですが、脱衣室のドアから洗濯機が搬入できないことが判明。
これも事前に大きさがわかっていたからこそ。

最近の家電は大きなサイズが多いので、とても賢い方法だと思います。
これから購入予定の方も、事前にカタログなどでサイズを確認しておくといいかもしれませんね。

内覧する際にはメジャーと方位磁石があると便利ですよ。

2007/02/16

今日は久しぶりに冬らしい天気です。
最近は、2月ということもあり、アパート、貸家をお探しの方の来店が多かったのですが、今日は一休みしそうです。

今、角ちゃんはアパートの案内に出かけました。
運転気をつけてね〜。

私の今日の予定は、お客様にお邪魔する予定が1件と打ち合せが1件あるだけで、1日中ヒマみたいです。
天気も悪いので、今日は確定申告の準備をすることにします。

それから今月の「不動産情報&ニュースレター」の発送が遅れていてすいません。
すでに両方出来あがっているのですが、一緒に同封したいと考えている、新築住宅とリフォーム済中古住宅の案内資料がまだ完成していないのです。

できれば、一番最初にお知らせしたいので、もう少しお待ち下さい。

2007/02/08

昨年、土地を売却されたお客様。
購入したときの価格より安く売却したために税金はかかりません。

税務署に「確定申告は必要ですか?」と問い合わせたところ「必要ありません。」とのこと。
「でも、後から「確定申告をしていませんね」と連絡がくることはないのでしょうか?」と聞いたら「その時は、購入したときより安く売ったんです。と言ってもらえればいいです。」ということでした。

お客様にその旨を伝え、「でも前もって税務署にその事↑を電話して下さい。そして、何を聞かれてもいいように、購入したときの価格がわかる契約書か領収書を手元に出しておいて下さい。」とお願いしました。

翌日、「早坂さん〜。買ったときの契約書や領収書が入った書類袋が見つからないんです!」との電話が。
以前ご主人に見せていただいたので、必ずどこかにしまってあるはず。

購入した価格は、私もメモしていたのでわかっていましたが、税務署はそれを「証拠」とみなしてくれるのか分かりません。
ダメなら、税金が数百万円かかります。

「時間はまだあります。あきらめないでもう一度探してください!!」と激励。

そして昨日「見つかりました〜\(^o^)/」とのお電話をいただきました。
本当に良かった!!

ただ、税務署に電話したところ、「(確定申告書に添付する)譲渡所得の内訳書だけは出してください。」と言われたそうで、今日会社に来ていただき、記入していただきました。

大事な書類ほど大切にしまっておき、いざと言う時に見つからないことってあるものです。

改めて早めに確定申告をしなければと思いました。
まずは書類探しからです・・・

2007/02/07

今朝、今野さんよりメールが届いていました。↓↓

*************************

こんにちは。

明日と明後日(水・木)と研修でいません。
来週の水・木もです。
なので、木の話をお休みしたいと思います。

よろしくお願いします。

*************************

今野さんはどこに行くのでしょうか?
いっぱい勉強してきて下さい。
そして、木の話でいろんな事を教えていただけると嬉しいです。

さて、私も明日お休みをいただきます。

午前中が幼稚園の授業参観。
引き続き午後からは小学校の授業参観。
終了後にPTAの集まりがあるので、1日中学校にこもりっきりです。

幼稚園では、産まれてきてからの6年間の思い出を、1冊の本に仕上げるのだそうです。
持っていく写真を選んでいたら、いろんな事を思い出してドンドン時間が過ぎていきました。

3700gで誕生した次男は、産まれた時も大きかったのですが、いまもそのまま大きく成長しています。
あまりに愛しく、思わず息子を抱きしめてしまいました。

なのに・・・「やんだ〜!!」ですと。
ショックです。(T_T)

長男と比べると写真の数も少ないし、手もかけてこなかったけど愛情は同じ。
その気持ちを、明日のアルバムにこめたいと思います。

きっとウルッってくるんだろうな・・・

2007/02/06

今日は、昨年不動産を売却されたお客様と一緒に、確定申告に行って来ました。

昨日、奥様一人で行ったところ、何をどーしたらいいのかわからず、相談のお電話をいただきました。
私が申告書を記くわけではないのですが、一緒にいるだけでも心強いだろうと思い、今日一緒に行くことにしたのです。

マリカ特設会場は、人、人、人。
初めての人は圧倒されることでしょう。
そして、税務署の担当者も、「わからない時は手を上げて下さい」というスタンスなので、何がわからないのかもわからない人は、どーしたらいいのか戸惑ってしまうのだと思います。

30分ほどで無事に記入を終えられ、お客様はホッとされたようでした。

昨年売却されたお客様には、今日、申告に必要な書類等を記載したものを郵送いたしました。
(遅くなって本当にすいません。)
明日にはお手元に届くと思いますので確認して下さい。
もし心細くて「一緒に行って!」という方は遠慮無く電話を下さいませ。
幸い(?)ヒマなのでお付き合いできると思います。

私は、これから申告の準備を始めなければならないのでまだまだホッとできないのですが、今年こそ早めに申告しようと思います。

2007/02/05

おはようございます。
今日は“春”を思わせる陽気のせいか気持ちがはずんでいます♪

昨日は立春、旧暦の新年でした。
春夏秋冬」では、立春から1年がスタートします。

私の今年の季節は『春3年目』
「破壊と想像、やがてやってくる夏のために潔く手放す」年です。

何を手放すのかまだイメージはありませんが、これから「これなんだ」と思える何かがでてくるのでしょう。

春は過ごしやすい季節ですが、ぼ〜っとしているわけにもいきません。
これからやってくる夏にむけての準備の時期でもあります。

いい1年になりますように・・・(*^^*)

季節判定はこちらから>>>

2007/02/01

木曜日は木の話  その175

地元産木材

何年か前に赤川土手の桜の木を、老朽化のせいもあって伐採したことがありました。その作業を見ていたイトコ(女性)がその桜の木が欲しいという事で、私に手伝ってくれと言ってきました。何にするわけでもなく、丸太や枝を飾っておくという事でした。軽トラックにチェンソウとヘルメットを積んでそのイトコと一緒に土手に行き、そこで作業している人に断って邪魔にならないように何本かの丸太を伐ってもらってきました。

単なる桜の木、なんでそんな事をしてとっておくのか?それは、その木を見るたびに赤川土手のどっしりと太い桜の木や満開の桜を思い出せるから、飾っておいても、あそこにあったあの桜の木だとわかる(安心感か優越感?)から、とのことでした。

家をつくる場合も、山に行って使う木材を立ち木のときから見て、その木を伐採して乾燥して製材して、それを加工して建てる場合があります。その木を柱や梁・床板や壁などに使えば、いつでもその木が立っていた山のことが頭に浮かぶわけです。家にいながらにして森林浴の気分という訳ですね。

去年の12月に大工塾でよくいっしょになる大工さんと話をしていた時に、地域産木材の話題になりました。その大工さんが何年か前に、秋田で4・5年乾燥させた木材を使って埼玉に家を建てたのだそうです。少しヒビも入っていて充分乾燥しているはずの材料だったらしいのですが、建てた後に考えていた以上にヒビや変形がきて閉口したとのことでした。充分乾燥されていたはずのものでもそれまで以上にひびが入る、気候の違い、乾燥の度合いの違いだったのでしょうか。

住宅に限ることではありませんが、その地に住んでいる人がその地で調達したものを始末よく使って始末よく暮らす、地産地消なんて言葉にのっからなくても、『いいものはいい』という事でしょうか。

大工塾の会場は埼玉です。冬に行くと乾燥していると言うかホコリっぽいと言うか、私は喉と鼻が弱いのでマスクが手放せなくなります。やっぱり私は庄内産です。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved