山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


3月のひとり言

2007/03/30

木曜日は木の話  その181

木の家

最近建つ住宅の多くは、ほとんど真壁の部屋がありません。タタミを敷いて和室にしても、壁は大壁にして柱を表面に出さない場合が多くあります。

その理由としては、真壁にすると無節の柱や造作材を使うので木材費が上がる事があるでしょう。そして、その加工もあるので工賃も上がるという事もあるでしょう。

いつも参加している林業実習の講師であるKさんも若い頃から枝打作業をして、いわゆる無節の材料を取れる杉の木に育つように手入れをしてきたと言っています。そのほうが木を伐って売るときも、当然高く売れます。

ところが最近、今までのように仕上の表面に出てくる木材を無節にこだわらないというパターンが出てきています。2月の末の林業実習の時に見学した家もそうでした。

それはKさんの山の木を使って去年建てた家で、静かな住宅地にありました。床板のサワラの木はもちろんですが、柱や現しの梁にも普通に節がありました。それまでは造作材は無節と言うKさんの考え方が、少し変わってきているようでした。

これまたいつも行っている大工塾を開いているTさんの場合は、ずっと以前からそうです。Tさんが設計する家は、基本的に杉の並材を使って真壁で作っています。材料の選定や使い方も、節の有る無しに基準を置いていません。その材料のくせや強度をみて使い方を決めています。

節がある材料を使ってどんな影響があるかというと、抜けるような節の場合は多少強度に影響する場合があります。また、乾燥収縮の際に節の部分が均一に収縮しないで、変形する場合もあります。と言うことは、使う際にそのことに気をつけていれば問題ないという事です。

今庄内の山にある木の多くは、Kさんの山の木のようにきれいに手入れされているわけではなく、伐り出して製品になったとしても節のある材料が多いはずです。それを使うひとつの手段として、大壁にして表面に出さないという形があります。でも、前述のように節があることを気にしないで使うという事も選択肢の一つです。

どれが良いかという話ではなく、今あるものをどうしたら有効に使うことができるか、それを考えて行くことが人にも環境にもやさしい家づくりにつながるような気がしています。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2007/03/26

異動シーズンは一体いつだったのでしょうか?
気がつかぬままに3月が終わろうとしています。(T_T)

以前、アパートを探しに来店されたお客様に「ホームページを見たけれど、関係ないことばかり(日記に)書いてあって役に立たなかった。」と言われ、この時期(異動時期)には、個人的な内容は控えよう。と思ったのでした。

しかし、毎日仕事をしていても、ホームページに掲載できるようなネタはそうそうあるはずもなく、こーして更新が滞ってしまいました。(言い訳ですが・・・(^^;))

異動シーズンはいつの間にか終わったようですし、そろそろいつもの日記にもどります。

3月は何をしていたかと言いますと、例年のような賃貸の動きもなく、売買の契約も数件あっただけで、仕事はのんぴりしてました。

しかし、私事は忙しかった。
まずは次男の卒園式。

園長先生から終了証書を受取ったあと、父母のもとにやってきて「ありがとうございました。」とその終了証書を渡してくれます。
本人は、幼稚園から「ありがとうと言うんだよ」と教えられたことを言っただけ・・・って感じでしたが、母は産まれたときからの思い出が頭に浮かんできて涙がとまりません。
いよいよ4月からは1年生です。

そして次が小学校の卒業式。
長男は3年生なのですが、役員をしているために出席させていただきました。

自分の子供が卒業ではないので、まさか泣くとは思っていなかった私は、控え室にバックを置いたまま式に参列。
しかし、体育館(式場)に入った途端泣きそうな予感が・・・(-_-;)

案の定、6年生が入場した途端“うるっ”涙が。
(仕方がないので手でぬぐう。)
式がすすみ、子供達が卒業証書をもらう姿をみては“うるっ”
そして、泣いている先生や父兄の方々をみては“うるっ”

もう手でぬぐうには限界が・・・

そんな時ふとジャケットに手をいれてみた私。
なんと、2日前の卒園式で涙をふいたテッシュが入っているではありませんか。
この際「汚い」なんて言っている場合ではありません。
これで思いっきり泣けます。

卒業式は、卒業生への愛情がたっぷりこもった素敵な式でした。
中学校に行っても、今日の日のこと、自分達を愛してくれている人達がいることを忘れずにいてほしいと思います。

なんだか私も先生に会いたくなりました。
でも、私だってわかんないだろうな・・・

正月の同窓会でお会いした中学の担任の先生には「お前だれ?」と聞かれました。
そして「オレ、担任をしたことないだろう」と言われたのですが、2年間も担任をしていただきました。
先生あんまりです。(T_T)

みんなに「春香のこと忘れたな〜?」と言われ、先生もようやく気がついたようですが「なんでそんなに大きくなったな!?」は余計です。

でも、1/3の人が私のことがわからなかったようです。
中学を卒業してから20数年。
ものすごい成長をしてしまいました。(T_T)

2007/03/22

木曜日は木の話 その180

旬K

1月・2月はほとんど雪が降らないという暖冬で、今年の春はどんなにか早くやってくるのかと思っていたら、3月になってこの雪で春も後戻りと言った感じでしょうか。その春が後戻りする前の3月初めの日曜日に、去年きのこ採りに連れて行ってもらった大工のNさんと山に行ってきました。

今回はワサビ採りです。売っている葉ワサビは買って食べたことがありますが、自分で採りに行くのはもちろん初めてでした。でも、きのこ採りのように深い山に入るのではないという事で、朝もゆっくり支度ものんびりでした。

国道からそれて山に向って、間もなく林道に入っていきます。が、林道の両脇の木や枯れ草が邪魔で車が前に進めません。それほど遠くはないという事で、車を降りてあるき始めました。と、今度は道の真ん中に杉のきがポコポコ生えています。Nさんが前に来たときはもっと小さかったと言っていましたから、きっと実生から大きくなってものなのだと思います。それにしても、道の真ん中に木が生えるほど誰も山に行かなくなったと言うことは、それほど山の荒廃が重症だと言うことです。

10分ほど歩くとどうやらワサビがある場所に付いたようで、Nさんがワサビを採るらしき素振りをはじめています。が、春まだ早くて雑草もそう多く生えていないのに、私にはどれがワサビなのかさっぱりわかりません。

「それ、そごの丸こい葉っぱ」と指差す先を見てみると、道端にいっぱい生えています。採るのもいたって簡単、すぐに袋にいっぱいになります。そして、脇を流れる沢で根っこの土を洗って終了、全工程1時間ほどでしょうか。沢の水は思ったより冷たくありませんでした。きっと雪解け水だけでなく湧き水も多く流れているのでしょう。

ワサビは家に帰ってからもう一度洗ってから細かく刻んで、酒粕と砂糖と塩でワサビ漬けにしました。根っこの大きなものが少しあったので、刺身を買ってきて本格おろしワサビもいただきました。

旬のものをその時期にいただく、それも自分で採ることができるなんてずいぶん贅沢な事ができるような気がします。でも、本当はそれがあたり前になれば、山がもっと健全な状態になってくるんだろうと思った一日でした。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

昨日は、午後からも比較的ヒマでした。(T_T)

24日(土)・25日(日)も休まず営業していますので、アパート、貸家をお探しの皆様。
ぜひご来店くださ〜い。

2007/03/21

例年、県職員の異動が発表になった次の日は大忙しなのですが、何故か今日はシ〜ンとしています。(T_T)
でも午後からは忙しくなるんだと思います・・・きっとそうに違いない(願)

最近「生徒手帳」を購入しました。

「夢をかなえる 生徒手帳2007」

今年高校受験、大学受験をしたお子さんをもつお母さんとお話する機会がありました。

「今の子供達って、すごく大変よ。私達が中学生だった頃は、成績によって、あなたは○○高校、あなたは□□高校。って先生が割り振ってくれたでしょ。でも今は、将来何になりたいか、どんな道に進みたいのか決めて高校を選ばないと、(高校を)卒業するときに大変なんだから。」と教えてくれました。

中学生のうちから、自分がどんな道に進みたいのか決められる子供って、そうそういるとは思えません。
しかし、5年後、10年後の自分を思い描くことができたら、それは生きる力になるのでしょうね。
「何か面白い事ない?」なんて言っている場合ではないのですから。

私が中学生だった頃、夢をもつことの大切さ、それを実現するための方法を教えてくれる大人はいなかったように思います。
今は、情報も多すぎて戸惑うことも多いですが、こうした本に出会える事はとても幸せなことです。

子供達にこの手帳をプレゼントする日が待ち遠しいです。

2007/03/16

木曜日は木の話  その179


暖冬・暖冬と高をくくっていたら、今頃になって雪です。3月も半ばになってからようやく根雪かッ!と突っ込みを入れたくなりますね。

昨日の夜は所属する某会の総会がありました。総会と言っても会計報告程度で、そのあとは懇親会でした。今の時期に出てくる料理は定番の揚げ物・焼き物などの他に、アサツキの酢味噌和え、ウルイのおひたし、菜の花など等。旬のものが小鉢に並んでいました。

旬といえば木にも旬があります。木を伐採するのにいい時期を“伐り旬”といいます。木は春から夏にかけて水分を吸い上げ養分を作ります。そして秋に養分を使って成長して冬はあまり活動しません。

伐り旬の目安のひとつは、水分(含水率)です。たとえば比重が低い杉は水分をいっぱい含んだ春から夏にかけて伐採すると、含水率が200%ほどあります。それを乾燥させるには時間と手間がかかるわけで、できるだけ含水率が低い冬の時期に伐採したほうが言いというわけです。

木は表皮に近い部分(形成層のあたり)で多く水分を吸い上げています。春に杉を伐って皮をむくと、ビショビショに濡れていると言っていいぐらいに水分を含んでいます。

もうひとつの目安は、木材に含むでんぷん量です。これもやはり春から夏にかけて量が多くて、冬の時期は少なくなります。やはり冬が伐り旬というわけです。

でんぷん量が多いとなぜよくないのでしょうか。それは虫が好んで入るからです。天然乾燥の場合は特に、乾燥している間に虫が入るという事があったり、湿気と重なると腐りやすかったりするわけです。

去年の春に家の山で伐った木の中で、大きいものの内の何本かを皮をむいた状態で地面から少し浮かせてとっておいたのがあります。皮をむかないとすぐに虫が入るし、夏が過ぎると皮がむきにくいので春に伐ったものです。

一冬過ぎてどうなっているか?でんぷん量までは計れないのですが、虫が入らなくて腐っていなければまた今年もやってみようと思っています。ログハウスとまではいかなくても、掘立小屋ぐらいのツリーハウスは出来るかなぁと、楽しみにしています。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2007/03/13

今日、不動産情報3月号を発送いたしました。
明日にはお手元に届くと思いますのでぜひご覧下さい♪

それから、今月号に抵当権がついている土地、建物の売買の際の注意点などを掲載しました。
後から読みなおしてみたら、難しい文章になってしまったと反省しています。
ご不明な点などありましたらどうぞお問合せ下さい。

2007/03/12

外はものすごい強風です。
設置している看板が倒れていないかどうか、車に重石のブロックをつけ市内を巡回してきました。
ナント!2箇所も危険な状態になっているではありませんか。
吹雪の中、看板をブロックで固定し取り合えず応急措置完了。
天気が良くなったら看板屋さんにきちんと直してもらうことにします。

前回の強風の時には、貸家の雨とよが隣家の外壁を傷つけてしまい大騒ぎになりました。
管理しているアパート、貸家も点検してきたのですが今のところ問題はないようでした。
あとは何事も起きないように祈るのみです。

さて、今日賃貸情報に掲載になった「斎藤川原 メゾンボヌール」
2003年9月に新築したアパートですが、工事中にすでに満室になり、今までずーっとご入居いただいていたため、今回が初めての募集になります。

キッチンからベランダ(屋根付です)に出れるため、洗濯物を干したり、ゴミ箱を置いておいたりと、すごく使い易い間取りになっています。
リビングが12帖。それに6帖の洋室が2部屋隣接していますので、小さなお子様のいるご家庭でも安心してお住まいになっていただけると思います。
1階はテナントになっていますので、音の心配もありません。

ゴールデンウィーク前にお引越しを考えている方はお見逃しなく!!

2007/03/08

木曜日は木の話  その178

耐力壁

耐力壁が構造的に外力に耐える場合の性格として、大雑把に分けて2つあります。

@ 硬くて頑丈で変形しないで耐える形で、限界が来るとガクッと崩れる
A ある程度変形しながら耐えて、最終的に限界が来ても崩れないで変形し続ける

鉄筋コンクリート造は@という事ができます。木造の耐力壁でも筋違はこちらに近い状態です。木造の構造用合板や貫工法や土塗り壁はAに近い形です。

どちらも計算で基準を満たしているから安全なわけですが、その結果には大きな違いがあります。壁の場合は先週もお話した層間変形角が1/120以下と言う基準があるわけですが、たとえばギリギリの経済設計をしたとします。超特大の大地震が来たとして、@の場合はてその基準を超える力がかかったとしたらその後すぐに建物が崩れてしまいます。Aの場合は基準を超えた後も粘りながら変形して建物を支え続けるので、すぐに崩壊はしません。

木造の場合は耐力壁の種類だけでなく、施工の方法や柱と横架材の仕口によっても違ってくるので一概には言えませんが、変形が大きくなったとしても粘って崩壊しなければ命だけは助かる可能性が高いともいえます。

層間変形角1/120がどういう常態かというと、たとえば一般的な高さが3メートルの柱の場合、3000/120で25ミリ横に変形するという事です。木造の性格からするとこのぐらいの変形は結構簡単に起きそうなもので、施工がきちんとしていれば、外力(地震や風)がおさまればまた元に戻ります。

先週お話した実験住宅の実験では1/60の変形まで力を加えたわけですが、その力を解いた直後には1/600程度まで変形が戻っていました。3メートル高の柱で5ミリ程度の傾きになるわけですが、被災後に当面住むのに問題があるほど大きな変形ではないと言えます。

木造の場合は耐力壁の種類・強度・配置や仕口との関係など、選択肢が色々あります。住む人が何を望んでいるか、建物の形状や経済性、それにあわせて使う材料や工法を考えていくことが必要です。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2007/03/05

3月に入った途端バタバタと忙しい日を過ごしております。
昨日は角ちゃんの出勤日だったのですが「1日中お客様が途切れませんでした(^^)」と言っていました。
お申し込みもいっぱい頂いたようです。
本当にありがとうございました。

気持ち良くご入居していただけるよう心がけておりますが、お気付きの点等ございましたらどうぞ遠慮なくお申しつけ下さいませ。

さて、今日はこれからお客様に書類を届け真っ直ぐ帰宅します。
その後DVDを返却しにもう一度鶴岡にこなければなりません。

さっき「お母さん、DVD忘れだろ〜。用意しておくからの〜」と電話がありました。
往復40分。。。疲れます(-_-;)

2007/03/03

本当は、ホームページに書こうかどうか悩んだのですが、ご覧になっている方で該当する方がいらっしゃるかもしれないので、恥をしんので報告します。

当社では、不動産の購入を予定されている方には、登記費用や不動産取得税などの売買価格以外にかかる費用を計算した明細書をお渡ししています。
そして、銀行に融資の相談に行く際には、他の書類と一緒にその明細書を持っていってもらいます。

先日、中古住宅を購入予定のお客様より「銀行の担当者から、不動産取得税の計算が違うようだ。と言われたんですが・・・」と連絡をいただきました。
私が計算した金額と、銀行の担当者が計算した金額では195,000円の差がありました。(私の計算した金額が多かったんです)
お話を聞くと「不動産取得税の軽減措置が受けられるはずだ」ということのようでした。

以前にも、このひとり言に書いた事がありますが、要件に該当すれば不動産取得税は軽減されます。(安くなります)
くわしくはこちら>>>

私、木造の中古住宅の場合、この要件に該当するのは、築20年以内の建物だけだと思い込んでいたのです。

平成17年度に税制改正された

◆昭和57年1月1日以降に新築された中古住宅は、平成17年4月1日以降の取得であれば、その築後経過年数にかかわらず軽減措置の対象となります。

という要件が頭になかったのです。

お客様に紹介していた建物は、昭和58年新築でしたのでこの要件に該当します。
お客様は、「安くなって良かったですよ♪」と言って下さったのですが、恥ずかしいやら申し訳ないやらで、しばらく凹んでしまいました。

しかし、平成17年、平成18年に契約したお客様で、この要件に該当する方がいらっしゃるかどうかすぐに確認しなければなりません。
すると1名のお客様が該当していました。

5年間はさかのぼって申請ができますので、早速お客様に連絡をし、申請書類を作成した次第です。

本当に恥ずかしい。

そしてもう1つ、同じ日に別のお客様に教えていたただいたことがあります。
これも私は知らなかった。

近いうちに書きます。

2007/03/01

木曜日は木の話  その177

構造実験

先週の土・日は、いつも行っている大工塾でした。1月から3月までは構造実験で、今回は耐力壁の実験でした。それといっしょに土曜日には、一昨年建てた実験住宅に実際に荷重をかけて耐震性能を検証するという、ちょっと大掛かりな実験もしました。

住宅の外部8箇所にワイヤーをかけて、層間変形角(高さに対して横に傾く割合)1/60まで徐々に引っ張っていきます。途中で何回か止めて、その段階で外壁(下見板)や内壁(土塗り壁漆喰仕上)にどんな影響(ヒビなど)が出るか、建具はどの程度開け閉め・施錠できるか等を見ていきます。

この実験で一番に思ったことは、耐力壁(この場合は土塗り壁漆喰仕上)のヒビの入り方が、そこそこの場所でばらつきがあるという事です。これは何を意味しているのでしょうか。

たとえば地震が起きて、横揺れの力が建物にかかったとします。そうすると、耐力壁(筋違・合板・土塗り壁など)でその横揺れに対抗して、建物が変形しないように抵抗します。その時に建物の各部に均等に力がかかっていれば、耐力壁の変形(この実験の場合土塗り壁のヒビ)はどこも同じになるはずです。

この実験住宅では、一部2階建てになっています。その下屋部分の壁よりも、2階が載っている部分の壁のヒビの入り方が大きかったのです。2階が載っているからあたり前か、では済まされないものがそこにはあります。

木造の壁量計算では、平面全体の耐力壁の合計で足りるか足りないかの計算をします。耐力壁の配置のバランスもチェックします。通常の規定はここまでで、その耐力壁がどういう抵抗の仕方をするかまでは測りきれません。

どういうことかというと、大きなヒビが入った壁はヒビが小さかった壁が充分横揺れに抵抗する前により大きな力がかかってしまい、その結果そこに力が集中して耐力壁が破壊されてしまう事が考えられます。そのあとに残った壁が抵抗しても、建物全体を支えきれないかもしれません。

これを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。ひとつは水平面(床面・屋根面)の剛性を高めて建物にかかっている荷重や水平力を、確実に耐力壁に伝えるという事です。もうひとつは、横架材の一体化で横揺れの際に建物が一体で動くようにすることです。このことは耐力壁の計算のように数式や表でチェックされているものではないので、それを設計の段階や現場でどう対応していくか、そこが重要なポイントになります。不整形の形をした建物や梁スパンが大きい場合は、特に注意が必要でしょう。

ちょっと難しい話になって文字だけでは表しにくい部分も多いのですが、「基準法にのっとってやっていれば安全」とは言い切れない事だけは確かなようです。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

最近はまっているテレビドラマが「花より男子2」
宇多田ヒカルの「Flavor Of Life」が流れる場面では毎週、涙、涙(T_T)
先週なんか「滋ありがとう〜!」と子供達が寝静まった後にガッツポーズ!してました。

そんな「花より男子2」
はまっている人には2タイプあるそう。

まず1つが、女子中高生。
これは、番組が女子中高生にターゲットをしぼって作っているので当然ですね。

そしてもう1つが、若い頃に幸せな恋愛をしてこなかった30代、40代の女性なんだそうです。

なんだか悲しくなります。(T_T)
それでも、やっぱり明日が楽しみです♪

さて、3月は不動産を探している方のアクセスが多いので、つまらない話しはこれくらいにして本題にはいります。

いよいよ4月から住宅ローン金利が上がりそうとの予測からか、ここにきて建売住宅や中古住宅、売地へのお問合せが増えてきました。

すでに具体的な計画で進んでいる方には、3月中に借入の申込みをするようにおすすめしています。

例えば、荘内銀行の3月30日までのキャンペーンでは、
 5年固定 年利2.9%→年利1.6%
 7年固定 年利3.1%→年利2.0%
10年固定 年利3.7%→年利2.3%

さらに!当初固定期間終了後、残りの全期間、基準金利より最大0.3%優遇!
となっています。
(注:借入できるかどうかの審査があります。)

仮に10年固定金利で、1000万円を35年返済で借りた場合、
金利2.3%では、35年間の支払総額は 14,568,357円
これが、3.7%だと、支払総額は 17,848,384円となり、3,280,027円増えます。

金利が上昇しそうな状況では、長期固定金利が基本です。
特に、高額な借り入れを長期間行なう場合は、資金計画はより慎重にしなければなりません。

金利が上がって返済ができなくなった。なんてことのないよう気をつけて下さい。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved