山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


1月のひとり言

2009/1/26

やっぱり降りましたね。雪。それもドサッと!!
この時期の内覧は、早目に行って除雪をしないとお客様が通れません。
前もって(内覧)の予約をいただけると嬉しいです&長靴をお忘れなく。

小学校の授業参観が2月4日にあるのですが、次男達2年生の授業では、産まれた時の事や、小さい頃の思い出など親子で話し合うらしい。

それで、小さい頃に遊んだおもちゃや気に入っていた洋服など、思い出の品と、小さい頃の写真をもっていくことになっている。

しかし・・・記憶がない。

長男は車が大好きで、毎日トミカで遊んでいたものだ。
しかし、一体次男は何で遊んでいたんだ?
おばあちゃんに聞いてもわからない。
おじいちゃんに聞いてもわからない。

仕方がないので、「トミカ」で遊んでいたことにした。

そして小さい頃の写真。

アルバムに整理されているのは長男の写真ばかり。
次男に「僕の写真は?」と聞かれても見つからない。
側では次男がじ〜っと見つめている。

焦る気持ちを押さえながら探し始める事数分、引き出しの中に菓子箱が1つ見つかった。
・・・
そこには次男の写真が無造作に入っていた。|)゚0゚(| ホェー!!

整理もしてなければ枚数も少ない。
区別したつもりはないのですが、これが長男と次男の違いなのかと我ながらビックリ。

次男よごめん!

2009/1/23

木曜日は木の話  その262


臼を使って火鉢を作った話をしました。2つ作ったのですが、事務所で使っているほうの火鉢が、何となく火の回りがよくない感じがしていました。家のほうはまったく問題ありません。違いと言えば、事務所のほうが大きくて、その分灰も不足気味で、縁よりも10cmほど下がっています。そのためかなぁ、とも思っていました。

でも、使っていると灰の感じが全然違います。中に入れた灰は薪ストーブから出た灰で、それを網で通して使っています。で、事務所のものと家のものでは、もらってきたところが違います。火箸で灰をかき混ぜると、家のほうはフワフワ軽い感触で、いかにも空気を含んでいる感じがします。事務所のほうはずっしり重い感触で、灰の粒が大きいと言うか、密度が濃いと言うか、硬くて重い感じです。

ストーブの違いなのか、薪の燃やし方の違いなのか、燃やした木の材質の違いなのか定かではないですが、どちらもそれなりに高級な薪ストーブです。気をつけて比べてみると、こんなに違うのか?と思うほど違いが分かります。事務所の灰は、火箸でかき混ぜて空気を含ませても、いつの間にか締まっていて、固まるわけではないですが硬くなった感じがします。そうすると、灰の中に空気がまわらなくて、炭に火が回りにくいのかもしれません。(勝手な推測ですが・・・、)

使っている炭は同じなので、やはり灰の違いという事なのでしょうか。同じく薪ストーブから出た灰でも、色々あるんですねぇ。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2009/1/21

今日は住宅ローンの話しを少し。

不動産を購入する場合、多くの方は住宅ローンを借ります。
現金で購入する方以外は、銀行で融資をしてくれなければ、いくらマイホームが欲しくても購入することはできません。

当たり前ですが住宅ローンを申し込んだ人全員が借りれるわけではありません。
そして、A銀行では(融資を)断られたけどB銀行では貸してくれた。ということもあります。

私共では、借り入れを申し込む前にお客様の個人情報をお聞きします。
・車のローンやクレジットなど、現在借入れがあるかどうか?もしあればその残高は?
・過去に支払いが遅れたことはなかったか?
・過去5年以内にサラ金から借入したことはなかったか?(完済している場合でも)
・ご実家の住宅ローンの連帯保証人になっていないか?(これ案外あるんです)
など・・・

何もなければ、後は金利や条件のよい銀行に借入れの申し込みをすればいいのですが、もし何か問題がでてきたら、その問題をクリアする方法を検討しなければなりません。
もし私が銀行の担当者であれば、どんな条件なら貸そうと思うのか。
解決できる方法をお客様と一緒に考えます。
その上で「この銀行ならなんとかなるかも」と思われる金融機関に相談にいきます。

もちろんそれで全て借りれるわけではありません。
しかし、何も準備をせずに融資の申込みをするより確率は高いと思っています。

やることをやって、それでもダメだったのならお客様も納得されるのではないでしょうか。

借り入れできるかどうか心配な方は、前もって窓口の不動産・建築業者さんに相談してみて下さいね。

2009/1/20

午前中、不動産業者のS社長が土地の資料を受け取りに来店された。

そこで「土地の問合せがないのですが、社長のところはどうですか?」と聞いてみた。
すると「土地の引き合い(問合せ)は多いし、結構決まっている。」とおっしゃるではないか。

ず〜っと事務所に引きこもっているためか、情報が入ってこない。
世間では土地の売買が活発なのか( ̄ー ̄?).....??アレ??

テレビや新聞などで「100年に1度の大不況」と頻繁に流すものだから、「そうなんだ、不況なら問合せがなくても仕方がないよね。」と思っていた自分がいます。
恥ずかしいです。

そういえば、今年は雪が少ないせいか、工事中の建物が目に付きます。
これも例年では考えられない事。
1月も終わるというのにようやく気がつきました。
景気に関係なく、契約しているところはあるのだと。

2009年、スタートダッシュにつまずいた感もありますが、まだ1月。
本気で頑張ります!!

2009/1/19

今日は、これから販売予定の中古住宅のリフォーム工事の打ち合せが2件。

ご登録いただいているお客様にはすでにご案内させていただいており、どちらも工事終了後内覧のお申し込みをいただいております。

昨年から引続き、中古住宅のお問合せは多いですね。
しかし販売されている中古住宅は少ない・・・
ですから良い物件は、広告を出す前に決まっているようです。

本気で中古住宅を探している方は、様々な不動産業者さんに「こんな物件があればすぐに連絡下さい。」と声をかけておいたほうが良いと思います。
「しつこく連絡がくるのでは。」とご心配なら「資料を郵送で送ってください。」と付け加えてみてください。
鶴岡に限って言えば、不動産業者さんで強引な営業をするところは少ないようです。

それから、ホームページに掲載した途端、スグにお問合せをいただき、入居申込みをいただいたアパートがあります。
その後、何件かのお問合せがありましたが「申込みが入りました。」とお伝えすると皆さんビックリされます。
まだ退去もしていないので、こんなに早く決まるとは思っていなかったのでしょうね。

今日も、先日アパートをご紹介したお客様より「借りたい」とご連絡をいただいたのですが、その1時間前に案内したお客様より、入居申込みをいただいたばかりでした。

こんなこと、案外あるのです。

強引な営業はしません・・・というか、できないので、もし気になる物件がありましたら早目にご連絡いただければと思います。

いつもご覧いただきましてありがとうございます♪

2009/1/16

木曜日は木の話  その261

オール電化

ここ2.3年、住宅の計画を始めると、必ずといっていいほど「オール電化」の話が出ます。テレビなどのCM効果が、如実に現れているといったところでしょうか。施主から話が出ない場合でも、私のほうからオール電化を含めて一通りの話をします。

CMから受ける印象のとおりに、初めからオール電化が良いものと思って計画に入る人もいますが、多くの人は何が良いか迷っています。給湯は灯油(ガス)ボイラーか?電気温水器(最近はエコキュート)がいいか。暖房は蓄熱暖房(電気)がいいか、灯油の温水循環式(ホッ○マンなど)がいいか?

蓄熱暖房は、基本は全室・全館暖房、一日中です。気密や断熱もそれなりにしないと、ランニングコストがかかりすぎるか、暖かくならないという事になります。温水循環式のものは、室内機が2.3機+ボイラーが1セットです。各室に配置すると、2セットは必要です。

蓄熱暖房は日中に留守になる家でも、ずっと暖かいままでいるわけです。温水循環式の場合は、ボイラーごとに稼動できて、室内機ごとに運転できます。日中留守の家の場合、帰宅してからスイッチを入れると、温水が温まるまでの時間がかかったりして、温まるまである程度の時間がかかります。

蓄熱暖房の室内機は、重くて簡単には動かせません。設置したら、夏冬そのままという状態です。温水循環式は、室内機を外して片付けることができます。

給湯の場合は、電気温水器の容量をきちんと見極めれば、それほど違いはないと思います。浴室では、電気温水器の場合は追炊きは普通はしません。貯湯タンクの熱を利用して浴槽のお湯を温める追炊き機能もありますが、熱いお湯を足したほうが、簡単だと思います。

当初にかかる設備費は、今のところ電気の方が少しかかると思いますが、その使い方やランニングコストも含めて、よぉく考えないといけませんね。今打合せをしているお客さんも、暖房を電気の蓄熱にするか灯油の温水循環式にするかで検討中です。もう少し時間があるので、プランと一緒に悩みが続きます。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2009/1/15

昨日の晩ご飯の時のこと。

子供達は2月1日に行われる漢字検定を受験することになっている。
しかし、全く勉強している様子はない。
そして、「(漢検の)テキスト買ってきて!!」と言われ購入したテキストは、折り目さえもついていない。(ーー;)

いつもなら「勉強しなさい!!」と怒るところだが、最近読んだ本を思い出した。

『予感力』西田文郎 著************

予感したことは、良い事も悪い事も、予感した以上、結果はそのとおりになります。
つまり、「合格するはずがない」と予感した受験生は落ちますし(省略)、
なぜか「自分は合格できる」と根拠のない予感を持っている人がいます。彼らは試験前の時期になるとメキメキと実力をつけて志望校を突破します。

***********************

そこで「ねぇ。漢字検定もうすぐだけど合格できる予感はあるの?」と聞いてみた。

すると次男「大丈夫!絶対合格するから!!」即答。
その根拠のない自信がスゴイ・・・

「合格できると思うよ。多分。」少し自信なさげな長男。
しかし心配はしていない。
もし合格できなかったとしても、勉強をなめている気配がある長男には、それはそれで良い薬になるはず。
これから試験まで、テキストを一通り目をとおすように話す。

しかし、問題は次男です。
予感は実現するというが、もちろんただ予感すればいいだけではない。

受かると予感している受験生は「受かる」と知っているのですから、そのための努力も苦痛になりません。だから、必ず合格するのです。

そう、努力(勉強)しなければ合格はできないのです。

受験する2年生は次男を含め4人らしい。
普段の様子から他の3人は問題なく合格できるでしょう。

試験日まであと少し。
誉めながら、おだてながら勉強させないと間に合いません。

がんばろう。

2009/1/13

なんだか荒れている。

私・・・ではなく天気が、です。

外での仕事が残っているというのに困りました。
いっぱい着こんで頑張りましょう!!
また太った?」と言わないで下さいね。
それはきっと「着太り」ですから。( ̄ー ̄)

休み明けのバタバタもおさまり、一転のんびりムードに突入!
このまま1月が終わるのか?

2009/1/9

木曜日は木の話  その260

家の火鉢

以前、事務所の火鉢を新調した話をしました。家にあった臼を使いましたが、家にはもう一つ少し小ぶりな臼がありました。これは私にも記憶がありません。粉を挽いていたというその臼は、いつからか蔵にずっと眠っていたのでしょう。父にその存在を聞いた私はそれを引っ張り出して、事務所に置いたものと一緒にステンレスのボウルを入れて、火鉢にして家においていました。

これも待ちに待って11月の連休のときに、火鉢に初の火入れをしようと火熾しの準備です。熾すときは火熾しに白炭の消炭を入れて、ガスコンロにかけます。5分ぐらいで少し炭が赤くなってきたら、火鉢に入れます。後は火の付きやすい黒炭をその上に、できれば縦に置きます。そうしてしばらくすると、全体に火が回ってきます。

その何日か前に、家のガスコンロが具合が悪くて取り替えたようなことは知っていました。で、火熾しをそのコンロにかけようとすると、何となくいやな予感。そのコンロは今までのものと違って、自動での火力調整が全部の口についていて、???でした。

案の定、火熾しをかけたガスコンロの火は、10秒もすると弱火になってしまいます。これだから自動は嫌いです。自動とは、人の思い通りに動くものではなくて、機械が自分勝手に動くと心得るべきですね。なんとしても、ガスの火は言う事を聞いてくれません。

仕方がないので、少しだけ赤くなった炭を火熾しごと外に持っていって、ウチワで扇ぐことこれまた5分ほど。ウチワの風は優秀です。ホタルのお尻のようになった炭の端っこのわずかの火が、徐々に大きくなっていきます。少し腕が疲れてくる頃に、ようやく炭火も熾きてきました。

その後も何度か、同じ方法で火を起こしました。ついでに、お正月の雑煮のお餅は炭火で炙りました。

今野亨建築設計室 今 野  亨

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2009/1/7

仕事初めの5日から「待ってました!」とばかりに電話がなる。

「電気がつかない」
「ボイラーが動かない」
「テレビが映らない」
「雨漏りがしている」
・・・などなど。

入居者のみな様、ご迷惑をお掛けしました。

まだ年始休業中の業者さんもいましたが、全てその日のうちに修理を手配することができ、今日一段落したところです。

どんなクレームでも、誠意をもってスグに(←これがものすご〜く大切)対処すれば、大きな問題になることは少ないものです。
スグに動いてくれる業者さんが側にいてくれることはとてもありがたいこと。
感謝しています☆

明日は少し時間がありそうなので、昨年ご契約いただいた方で、今年確定申告(住宅ローン控除、住宅資金贈与など)が必要な方々に、その旨をお知らせする書類の準備に取りかかる予定です。

すでに「何を準備すればいいですか?」とご連絡もいただいておりまして、少し時間をいただいているところです。
早目にお送りしますのでもう少しお待ち下さいね。

なお、今年の確定申告書作成会場は「エスモール2階」に変りました。
開設期間は平成21年2月2日〜3月16日、10時〜16時までです。
近くなりましたらまたお知らせします。

私も、早目に確定申告の準備をしなきゃ・・・

2009/1/5

新年明けましておめでとうございます。

いよいよ今日から仕事始め、2009年がスタートしました。
どんな1年になるのか・・・正直不安ですが、目の前の仕事を精一杯やるしかない、と思っています。

今年もよろしくお願い致します。

さて、次男の冬休みの宿題に明け暮れたこの年末年始。
やはり長期休み恒例の1行日記が残ってしまった。

夏休みも、終わりの頃によーやく手をつけた1行日記。とても思い出せるはずもなく、ところどころ記入して提出。

先生のコメントは「毎日ちゃんと書こうね(^^)」

よって冬休みは「ちゃんと書かせよう」と思ったものの、今となってはやはり思い出せない。(・・;)

「いいよ、僕がちゃんと書くから。」という次男に任せてみることにした。

そして、次男が“ちゃんと”書いた日記

12/23 ごろね
12/24 ごろね
12/25 ゲームをした
12/26 ごろね

・・・以下「ごろね」が続く。( ̄△ ̄;)

いいんだ、いいんだ。自分が書いた日記だもの。
母は見なかったことにしよう。

2009年も良い年でありますように・・・。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved