山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


9月のひとり言

2009/9/28(月)

アパート、貸家を探しにご来店いただいたり、お電話でお問合せをいただいたりと、毎日ご案内でバタバタしています。
嬉しい忙しさです♪
本当にありがとうございます。

ただ2人しかいない事務所なので、2人同時に出かけないようにしてはいるのですが、どうしても留守にしてしまうこともあります。

先日ご来店されたお客様は「いつ来ても開いていなくて・・・」とおっしゃっていました。
ご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ありません。
留守の際には、事務所にかかってきた電話は私の携帯電話に転送されますので「来たけど留守で」という際にはお電話をいただけると幸いです。

日ごとに寒くなってまいりましたが、体調管理にはどうぞお気をつけください。
では今日は帰ります。

2009/9/19(土)

8月は「ワタシ呪われてる?」と思うくらい様々なことがあり、バイオリズムを見たら案の定(?)停滞期で、9月になると上昇するらしかった。

仕方がない8月は耐えよう。9月になったらきっといいことがあるはず・・・と言い聞かせていた1ヶ月前。

そして9月にはいった途端、肩から重りがどんどん取れていくような気分に。
気持ちの持ち方次第なのでしょうが、今は前を向いて仕事をしています。

そしてその気持ちに比例するように仕事も忙しく、今週は殆ど事務所にはいませんでした。
9月いっぱいこの状況が続きそうです。
一息つきたいところですが、この気持ちが切れないよう走り続けるのみ。

今年も残すところあと3ヶ月です。
気を抜かず頑張ろうと思います!!

明日は三川町中古住宅の内覧会です。
会場には私だけしかいませんので、どうぞお気軽にご来場くださいませ。
みなさまのご来場心よりお待ちしています。

どうぞ楽しいシルバーウィークをお過ごし下さいませ♪

2009/9/10(木)

木曜日は木の話  その278


家には、薪がストックしてあります。薪ストーブがあるわけではないので、コンテナに3つか4つ分です。何に使うかというと、耐火煉瓦で窯を作ってピザを焼いたりパンを焼いたりします。それも年に3.4回程度、今年はまだ2回です。

火を着ける時は、杉の葉なんかがあるととても着火しやすいです。初めは割り箸や杉の板を細く割ったものなどで、徐々に大きな木に火をつけていきます。木は重いよりも軽ければ着火しやすい、太いよりも細いもの、そしてツルツルに削ったものより割ったり裂いたりして表面が荒れているものが、着火しやすいです。それぞれに空気を含む量や表面積の大きさ等の差で、着火のしやすさが違ってくるようです。

家にあった薪は、大工さんの作業場からもらってきた杉と桧の端材、それに妻の家の生垣を伐った時の枝の太いもの、あとは、家のいらなくなった木を伐った時に出た梨の木です。この中では梨の木が一番重くて、硬くて火が着きにくいものです。でも、窯が温まってくると、その梨の木も簡単に燃えるようになってきて、逆に火持ちがよいので重宝します。

と、窯の話をしようとしたのではなくて、お盆に窯に火を入れようとした時の事です。その梨の木だけがカビていました。今まではそんなことはなかったのに、今年はなぜかびたのでしょうか。考えられる理由は2つあるだろうと思います。

ひとつは梨の木は硬くて重くて、今年のように蒸し暑かった梅雨には結露して、湿気を帯びていたのだろうと思います。杉などは湿気もよびにくく吸湿性もあるので、結露はしにくいといえるでしょう。

もうひとつは、杉自体の殺菌性も関係あるように思います。同じ杉でもどの部分からとった材料かによって違いますが、特に芯材(赤い部分)は殺菌性があるといいます。

築40年以上になる私の家の座敷の敷居には、梨の木が使われています。敷居の溝は掘っただけで補強のスベリなどはもちろんありませんが、ほとんど減ったところはわかりません。それだけ梨の木は硬いのでしょう。

2009/9/8(火)

6日に参加したイベント「日本を元気にする」

(有)てっぺんの大嶋社長の話には涙がでた。

自分の人生にも、そして周りの人の人生にも最も悪影響を与える言葉が「疲れた」。
その無責任な一言が子供達の夢を奪っていることに初めて気がつきました。

大人が「疲れた。疲れた。」と言って仕事をしていては「大きくなって仕事をすると疲れるだけ。仕事は楽しくない。」そう子供達が思うのも仕方がないのかもしれません。

私は、当たり前のように「疲れた」と子供達の前で言っていました。
言われた子供達の気持ちなど考えることもなく・・・

大嶋社長は「お父さんのようななりたくない。」
子供からの一言で、「自分が変わる」と決め、意識的に「疲れた」とは言わず「仕事が楽しい」と言うようにしたそうです。

大人の笑顔が子供達に夢を与える。
元気な言葉や表情が日本をかえる。
その想いのもと、現在活動されているとのことでした。

「人は何歳からでも変わる事ができる。」と西田先生がおっしゃっていました。
すぐに変わることは難しいかもしれませんが、少しずつでも自分が変わっていけるよう、意識しながら生きていこうと思います。

誘ってくれたSさん。本当にありがとうございました!!

2009/9/4(金)

先日ご契約いただいたお客様。
広告を見てのお問合せだったため、当社がどんな不動産業者なのか、私がどんな人間なのか不安だったよう。
そこで知り合いの不動産業者さんに、当社と契約しても大丈夫なのかどうか聞いたそうです。

「早坂さんのことすごーくほめっだっけ!親切な人だから任せて大丈夫だ!!って言ったっけ。」と教えて下さいました。(Sさん、本当にありがとうございました。)

「えーーーっ、私の事信用できなかったんですか〜?」と冗談で聞いてみたのですが、「一応聞いただけだ。」って笑ってました。(^^)

以前にも同じようなことがありました。

その方は3社の不動産業社さんに「大丈夫かどうか」聞いたみたいです。
そして、そこでも「大丈夫だから。」と言っていただいたとのこと。

みなさんに助けていただいています。
本当に本当にありがとうございます。

明日は宅建協会鶴岡支部の親睦旅行で仙台に行ってきます。
そして6日はセミナーを受講するため東京に・・・

そのため、6日(日)はお店が休みになります。
ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いします。

リフレッシュして、いっぱい学んで「なんだや〜、早坂さん全然ダメだっちゃや。」と言われないように頑張ります!

どうぞ、楽しい秋をおすごしください。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved