山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


1月のひとり言

2011/1/27(木)

こんばんは。早坂です。

それにしても、毎日雪が降りますね。
今日、業者さんにアパートの除雪をしてもらったのですが、この雪では明日の朝、また積もっているのでしょうね。(゚ーÅ)

排雪も頼んだのですが、近くの雪捨て場がすでに満杯で、遠くまで雪を捨てに行かなければならないとのこと。
そのため、雪を積んだトラックの往復が45分かかり、「1時間いくら」の契約なのでドンドン金額がかさんでいるらしい。

今日は5時で作業をストップしてもらうことにしました。
(費用が高くなりそうになると、連絡をくれる業者さんなので助かります。)

このアパートのオーナー様は東京にお住まいなのですが、大よその金額をお伝えしたところ、電話での様子は !Σ( ̄口 ̄;;←こんな感じでした。

ある不動産業者さんは、今年の除雪、排雪費用として100万円ほど予算をみているそうです。

雪国って大変です。

道路状況もかなり悪いようですが、どうぞ気をつけてお帰り下さいね。

2011/1/25(火)

こんにちは。手向(とうげ)の白鵬です。←これ、私を見て次男が命名。自分のことながら大笑い!( ̄∇ ̄;)

今日、こんな記事を見つけました。

「クレジットカードの返済が遅れると住宅ローンに影響する?」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110125-00000006-rnijugo-ent

中でも、注意しなければならないのが「クレジットカードの分割払い」。
本人は借入しているつもりはなくても、割賦(リボ払い)という名の借金です。

食料品や生活用品など、クレジットカードで購入し、毎月リボ払いしているという方もいらっしゃると思います。

以前、借入等ない方が、クレジットのリボ払いがあったために住宅ローンが通らなかったことがあります。
銀行に理由を聞いたところ、(住宅ローンの)保証会社が「食費などの生活費まで借入している。」と考え、住宅ローンの返済が難しいと判断したのではないか。とのことでした。(本当の理由は教えてくれませんので、推測です。)

預金があれば違ったのかもしれませんが、自己資金無しでの申し込みでしたので余計にマイナスだったのでしょう。

住宅ローンを考えている方はぜひ読んでみて下さい。

なお、個人情報の開示は、

株式会社シー・アイ・シー
全国銀行個人信用情報センター
日本信用情報機構

などで行うことができます。

開示してみたら、自分の知らない借入がでてきた・・・という方もいらっしゃいました。
怖いです。

2011/1/24(月)

こんにちは。早坂です。

先日、久しぶりにフラット35を利用して中古住宅の売買を行いました。

鶴岡にお住まいの方が、鶴岡にマイホームを購入するのであれば、銀行の一般的な住宅ローンを利用する場合が殆どです。

しかし、今回のお客様は、県外にお住まいで、将来鶴岡に帰ってくるにあたり、前もってマイホームを購入しておこう。とお考えでした。
ですから、住所は県外の現住所のままです。

銀行の一般的な住宅ローンは「その物件(中古住宅)に住む」のが前提ですから、住所も異動する必要があります。
ですから、今回のようなケースでは利用することができません。

しかし、フラット35は、
@親族が居住するための住宅
Aセカンドハウス
でも利用可能です。

来月には、県外に住むお子様が、ご両親が住むための住宅購入にあたり、フラット35を申し込む予定です。

フラット35の詳細については「住宅金融支援機構のホームページ」をご覧いただくとして、実務をしているうえで注意すべきことを書きます。

J.現在賃貸住宅にお住まいの方が、上記@、Aでフラット35を利用する場合には、総返済負担率(借り入れの年間合計返済額÷年収)に、家賃の年間支払額が加算されますので、返済比率が高くなります。
 ※返済比率がオーバーしてしまうと、申し込みできません。

K.建設・購入される住宅について、住宅金融支援機構が定める技術基準に適合していることを示す適合証明書を取得しなければなりません。
 新築住宅であれば、最初から技術基準に適合している住宅が建築できますが、中古住宅の場合、その住宅が適合しているかどうかを調査し、もし適合していなければフラット35は利用できません。
 また、調査費用65,000円(山形県建築サポートセンター利用の場合)は返金されません。

私が、フラット35を利用するお客様に紹介する中古住宅の条件は下記のとおりです。

@建築した当初の借入先が「旧住宅金融公庫」であること。
A築年数が15年以内であること。(利用するにあたり、築後何年以内という決まりはありませんが、私自身の目安として15年以内の中古住宅を紹介しています。)
B外壁、基礎等にヒビなどの損傷がないことを目視で確認。できることなら、事前に、床下、屋根裏を点検して問題がないかどうか調べておく。
C屋根裏、床下を点検する旨を売主様に了解いただける事。

前述のお客様は、ローン申し込みから決済までを振り返り「こんなに大変だとは思っていませんでした。」とおっしゃっていました。

その他、ハードルはいくつかありますが、一緒に超えて行けるようお手伝いさせていただきます。
ご利用を考えている方は、ご相談下さい。

2011/1/20(木)

こんにちは。早坂です。

只今、角屋さん、明日ご案内する貸家の除雪に行ってます!
「天気が良いから今のうちに行ってきたら〜」と見送ったものの、今、吹雪いています。
( ̄Д ̄;;大丈夫か?

前もってご連絡をいただけると、事前に除雪しておけるのですが、「今見たいです。」と言われると、雪の中をかきわけてご案内することに・・・
冬の時期の内覧は、長靴でお出でいただくとよろしいかと思います。

今年は、すでに確定申告に着手し、完成しそうな状況。
去年は3月に入ってから手をつけたというのに、今年はとても ヒマ 余裕があります。

頑張ろう!!

2011/1/17(月)

こんばんは。早坂です。

今年に入って土地のお問い合わせが増えています。
去年は全くお問い合わせがなかったので、少し嬉しいです。o(^-^)o ワクワクッ

今日来店された業者さんも「今年に入って、去年と明らかに(お客様の)雰囲気が違う。」と言っていました。
この雪では、現地を確認することもできませんので、契約は春以降になるのでしょうが、それでもお客様の動きがあるというのは明るい兆しです。

今日見学した中古住宅も、この雪では境界杭が確認できず「雪が融けたら出てきます。」ということで了解。
屋根の状態も雪で見えず、口頭で確認。

当社で販売中の物件は、雪が降る前に境界の写真を撮っていますので、売買契約書にはそちらを添付。
実物は、春に確認していただきます。

冬の物件見学は、大変なこともありますが、道路の除雪状況や積雪具合など、冬だからこそ分かることもあるので、案外おすすめです。

以前、雪を掘って境界確認をしたことがあったな・・・
何事も経験です。

2011/1/9(日)

こんばんは。早坂です。

この冬初の大雪。
朝起きてビックリしました。

そんな中、今日は2件アパートのご案内がありました。
早目に行き、除雪しておくべきでしたが、駐車場の除雪作業ですでに体力を消耗。
けもの道のような通路を作るのが精一杯でした。

お客様にはご迷惑をおかけしてしまいました。
本当に申し訳ありません。

こんなところが自分の甘さ。
ダメなところです。
反省→次は実行します。

今日は、2件ともお申し込みをいただきました。
ありがとうございます!

明日も2件ご案内が入っていますので、雪に負けず案内させていただきます。
では、帰ります。

2011/1/6(木)

新年明けましておめでとうございます。

今日から仕事始めです。
今日は、お客様のご来店が続き、2011年良いスタートが切れました。
天気の悪いなか、本当にありがとうございます。

今週末は3連休ということもあり、アパート、貸家のご案内が入っています。
(1/8日・9日・10日は休まず営業します。)

例年、1月がスタートすると同時に、賃貸のお問い合わせが増えますので、今年も例年通りの動きといったところでしょうか。

どんな1年になるのか。
楽しみより不安の方が大きいのですが、この不安は自分自身の行動でしか払拭できません。
1日1日、後悔することのないよう頑張ってまいります。

2011年も、どうぞよろしくお願いします。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved