山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


5月のひとり言

2013/5/29(水)

こんばんは。早坂です。

今日は大安。
鳥居町土地のご契約でした。パチパチパチ。

事務所を移転してすぐに「この近くに土地を探して下さい。」とご依頼を受けました。
移転していなければご縁がなかったであろう今回のご契約。
本当に感謝申し上げます。

最後に「これからも宜しくお願いします。」と言って頂きましたが、こちらこそ末永くお付き合いさせて下さい。

今月の契約はこれで終了。
ご契約いただきました皆様、本当にありがとうございました。

2013/5/28(火)

こんばんは。早坂です。

今日掲載しました「大山一丁目中古住宅」。
ワタシの実家の近くにあります。

道路の幅員、土地の間口・奥行きの測量がまだでしたので、母に電話をして出動要請。
あれやこれやと会話しながらの作業です。

母「新しい人(鈴木さん)は、どうだや?」
ワタシ「毎日注意されながらも頑張っているよ。とにかく毎日一生懸命。」
母「前の人(本間さん)は、我慢強い人だったの。よく長い間我慢したもんだ。」

我慢って・・・。(-"-;A

確かに、ワタシの性格を一番良く知っている母が言うのだから間違いがないのでしょう。

鈴木さん、我慢してね☆

2013/5/24(金)

こんばんは。早坂です。

今日は午後から、宅建鶴岡、宅建酒田合同の広告委員会の打ち合わせがありました。
毎月発行している不動産情報誌を今後どのように発展させていくかがテーマです。

最近は、この不動産情報誌を手にしてご来店して下さるお客様も多くなりました。

この情報誌を見て→掲載している不動産業者さんのホームページで詳細を確認して→問い合わせする。方が多いようですね。

↓6月号は5月27日に私共の手元に届く予定です。
不動産情報をご希望の方は「問い合わせフォーム」よりご請求下さい。

2013/5/23(木)

こんにちは。早坂です。

あれよ、あれよという間に5月も終わります。
本当に毎日が早いです。

5月16日に富士火災海上保険の代理店登録が終わり、火災保険、地震保険の取扱ができるようになりました。

以前、他社の代理店をしていた事がありましたので、比較的スムーズに進んでおります。
おかげさまで先週、今週と保険のお申し込みをいただきました。

不動産と火災保険は切っても切れない関係です。
お客様のため、そして自分自身のために、多くの事を学んでまいりたいと思います。

火災保険、地震保険につきましても、ご心配やご不安な事等ございましたらぜひご相談下さい。

歩くのも辛くなるほど太ったワタシ。
久しぶりにダイエットを試みるもやせる気配全くなし。( ̄▽ ̄;)!!

年を取ったら食欲が無くなり、自然と痩せると思っていたのにああ勘違い。
先は長そうです。

2013/5/15(水)

こんにちは。早坂です。

昨日久しぶりに本間さんが会社に来てくれました。
「もうすぐ出産だね〜」なんて話しをしていましたが、帰り際に「離職票はいつ頃になりますか?」と遠慮がちに聞かれました。

ワタシ、忘れてました。( ̄Д ̄;)
出産前に手続きをしなければいけないのになんてこと。
今日、出勤簿、賃金台帳とハンコをもってハローワークに走りましたよ。

間に合ってホッ☆

2013/5/8(水)

おはようございます。早坂です。

最近、土地をお探しのお客様のご来店が増えています。

お客様のご希望に合いそうな土地が見つかり、仲介している不動産業者さんに問い合わせしても「申し込みが入っています。」と言われる事が多くなりました。

「これだけ売地があるのに、希望する土地が見つからない・・・」とおっしゃるお客様は多いです。

土地だけ見ても、自分の希望している建物が建つのか?
そしてそれは予算内におさまるのか?
イメージするのは、なかなか難しいと思います。

実際に、私共では土地だけの売買というのは稀です。(近隣の方が購入するケースはありますが。)
建物をご提案させていただき、土地+新築でのご契約や、建築業者さんを介して売買するケースがほとんどです。

「土地と建物、どちらを先に決めたほうが良いですか?」と聞かれることがありますが、同時進行がベストだと考えます。
特に、土地、建物合せて住宅ローンを借りる方は、総額が決まらないと融資の申し込みができませんので事前に建物をご検討しておく必要があります。

来年の4月から消費税がアップしますが、住宅に関していえば、消費税アップの緩和策として、住宅ローン減税制度が拡充されます。

増税前に現行の住宅ローン減税制度で建築、購入するのか
増税後に新しい住宅ローン減税制度で建築、購入するのか

どちらにメリットがあるのかは、年収や借入金額によって違ってきますが、消費税に振り回されることなく、ご自身のペースで進めていくのが一番だと思います。


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved