山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


2015年4月のひとり言

2015/4/30(木)

こんにちは。早坂です。

昨日は祝日でしたので定休日を頂きましたが、告知をしていなかったため、お電話をいただいたりご来店いただいたりとご迷惑をお掛けしてしまったようです。

大変申し訳ございません。

なお、5月3日(日)〜5月6日(水)はお休みをいただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

*******************************************************************

来月、宅建鶴岡の通常総会があるのですが50回の節目ということで、会員の集合写真を撮ることになったんですね。

で、今、鶴岡支部では15年前に撮った集合写真が見れるようになっているらしく、それを見た人が「早坂さん別人だっけ!!」と電話をくれました。( ̄▽ ̄;)!!

この15年間、ブクブクと成長し続けたワタシ。

次男に「お母さん、太ってて恥ずかしいから授業参観には来ないで!」と言われても、無視よ無視。
わざと手を振ってやったわ♪

年をとる→食欲がなくなる→自然にやせる。
って思っていたけど妄想だったみたい。

あぁ〜、人間にもどりたい。

2015/4/22(水)

こんにちは。早坂です。

今朝、会社に着いた途端電話が鳴りました。

アパートの入居者様からで「カギが玄関の鍵穴にささらず、出かけることができない。」との事です。
お話を聞くと、すでに業者さんに鍵交換の手配はしたとのこと。

電話を切った後、その業者さんに連絡をとると「在庫があるのですぐに対応します。」とのありがたいお返事でした。(感謝☆)

取り合えずカギの件は解決しましたが、さてその交換費用は誰の負担になるのか?

入居者様は「いたずらされたのかも・・・」と言っていました。
もしかしたら、加入している家財保険の対象になるかも。と思い、保険の加入をして下さった不動産業者さんに連絡をして、手続きをお願いしました。

そしてその不動産業者さんからの連絡がこちら↓

1.カギへのいたずらによる保険請求には「警察への被害届」が必要になるとの事
2.入居者本人に連絡をし、どうするか相談したところ、ご本人が警察に連絡をした
3.すると、鑑識を含め総勢10名位の警察の方がアパートに到着して状況確認
 (すごかったですよ!!と言っていました)
4.結果、カギ穴にいたずらされた形跡がないため、被害届は受け付けられないとの事
5.なので、保険請求は無理!みたい

警察の方は「経年劣化」と言っていたようですが、2年前にカギは新しいものに交換しており、さすこともできないほど劣化するとは考えにくいのですが、どうなのでしょうか?

結論:請求書が届いたら入居者様と相談しようと思います。

2015/4/4(土)

こんにちは。早坂です。

今日は久し振りに土曜日出勤しています。
ということで、明日はワタシはお休みですが会社は絶賛営業します!!
みなさまのご来店おまちしています☆

明日は年に何日もない「目覚ましをかけずに起きても良い日」です。
午前中、子供達の予定がなーんにもありません。(゚∇^d) グッ!!

週1日しかないお休みです。
あれもこれも、しなければならないことは山ほどあるのですが、最低限の家事をして、あとは「何も見なかったことにする作戦♪」を実行する予定。

怠け者主婦の、ささやかなワクワクです。

2015/4/3(金)

こんにちは。早坂です。

気がつけば、繁忙期(多分そうだったはず、静かだったけど(-"-;A)の3月がすぎ4月に突入しました。
4月といえば新年度ですが、我が家では大きな出来事もなく、仕事も普段と変わらずスタートしました。

昨年からの流れで3月までは順調にきていましたが、4月からは気を引き締めていかないと厳しいスタートになりそうです。

今後どうしていくのか、石川さんとたった2人の営業会議です!

先日、ある不動産会社の方に「早坂さん、仕事をしていて何が一番つらいですか?」と聞かれました。

商売をしていく上ではいつも「資金繰り」が頭にあります。
ある程度の事業資金はありますが、気を抜けば何ヶ月も売上げがゼロということが有り得る業種です。
常に危機感はもっています。

不動産営業をしていく上では「クレーム」が続くと辛いですね。

仲介という仕事は「売主-買主」「貸主-借主」という、ある意味利害が反するお客様の間を取り持つのが仕事です。
クレームが発生しても、私自身の判断では解決できない事が殆どです。

どうしたら双方が歩み寄れるのか、どんな結果が双方にとって一番良いのか。
そんな事を考えながら話し合いをしていきますが、ご理解していただけない時は自分の力のなさにへこみます。

しかし、解決困難!と思われた事が、無事に解決できた時の喜びの大きさは、不動産営業ならではの醍醐味のような気がします。

この仕事は、クレームも多いですがそれ以上に感謝される事の多い仕事です。
だからこそ続けていけるのだと思っています。

もっと、もっと頑張ってまいります!!

新年度もよろしくお願いいたします☆


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved