山形県鶴岡市朝暘町3-6
TEL.0235-23-7589
FAX.0235-23-7690
info@f-center.net


2015年7月のひとり言

2015/7/31(金)

こんにちは。早坂です。

今日で7月が終わりますが、8月以降も猛暑が続きそうです。
水分補給、休養をしっかりとり、体調管理には十分お気をつけください。

さて、ホームページにも掲載しています「鶴岡市双葉町中古住宅」がようやく、内覧できるようになりました。

今日まで賃貸しておりましたので、ご入居いただいているお客様のお引越しが終わらないと内覧していただくことはできませんでした。

お引越し先も当社でご紹介させていただきましたが、とても気に入っていただきホッとしています。

築年数は経過していますが、大工さんが管理している建物ですので、手入れが行き届いているお住まいで、すぐにご入居していただけます。

また、庭を整地すると、4〜5台駐車できるスペースがとれますし、部屋数も7部屋ありますので2世帯、3世帯でお住まいになっても十分な広さです。

随時内覧可能ですので、ご希望の方はメール(info@f-center.net)又はお電話(0235-23-7589)でご連絡ください。(土・日も営業しております!)

明日は久し振りの休日です。
思う存分洗濯します!

どうぞ、素敵な週末をお過ごしください☆

2015/7/30(木)

こんにちは。早坂です。

昨日は、北高校のオープンキャンパスに次男と一緒に行ってきました。

今年から(一応)共学になったわが母校。
私はこの高校に入って本当に良かった!って思っていて、出来れば次男にも入ってほしいな・・・と思っていますが、受験先は本人が決めること。
まして、女子だけの中にポツンと入るのですから、強くすすめることもできません。

(どこを受験しても良いけど、勉強だけはして・・・
「俺って一応受験生 ( ̄∀+ ̄)ドヤッ 」なんて言っている場合ではないの!!)

母校といっても、私達が卒業してから校舎が建て替えられましたので初めて入りました。

女子だけの空間。
とても元気で明るい在校生達。

校舎に入っただけでワクワクしてきます♪
この雰囲気、やっぱり私大好きです!

【女子校出身者にありがちなこと・9連発】http://news.ameba.jp/20120617-93/

=============
6.自立している

何か困ったことが会った時。周りに助けてくれる男子がいると、どうしても頼ってしまいがち。

あと少し努力をすれば、一人で解決できることなのに。「できない〜」「やって〜」なんて言って男を頼ってしまう。

悲しきかな、周りに頼れる男がいなかった女子校出身者は、すべて自分の力でやりくりする習慣ができています。

困った時にも男性を頼らず、自分一人で解決しようとする自立性が武器。

=============

不動産業界で働いている女性に、女子校出身者が多いのはわかるような気がします。
(あと、銀行さんも多いわね。)

女性が輝ける社会でありますように☆

2015/7/29(水)

こんにちは。早坂です。

現在新築中の「美原町アパート」の工事が順調に進んでいます。

暑い中工事をして下さっている、大工さん、現場の方々には本当に感謝です。

プランと予算を決め、後は建築会社さんにお任せ。
限られている予算では、あれこれ要望を言うより、最低限必要な事を伝えるほうがスムーズに進むようです。

これから長い年月、安定してご入居いただくために必要なことは、仕事柄熟知しています。
今回は、土地の購入+新築ですので、今まで経験した事のない借入額でしたがリスクは感じていません。
(借入の条件が「団信加入」でしたので、万が一私が亡くなったとしても家族に迷惑はかかりませんし、保証人もついていません。)

開業時、何もないところからスタートし、ここまでこれたのは、私共とご縁をつないで下さったお客様のおかげです。

本当に感謝申し上げます。

こちらのアパートも、お客様に喜んでいただける内容と自負しております。
近いうちにホームページに掲載予定ですので、この秋(10/24〜入居可能)にお引越しを予定されている方は、ご検討いただければ幸いです☆

2015/7/28(火)

こんにちは。早坂です。

昨日は長男の高校の進路講演会&通信箋配布でした。

演題は「受験生を持つ保護者の心構え」
河合塾の先生がお話して下さいました。

@〜E項目ありましたが、どれもうなずく事ばかり。
特に最後のEは、親としてだけではなく、私自身、もう一度生き方を見直さなければ・・・と考えさせられました。

全文を載せていいのかどうかわかりませんので、要約して記載します。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

E無理すること、苦しいこと、頑張ること、何事も「全力」を尽くすことを当たり前に。きつく、辛い、自分の限界を超える経験が「人間の器」を大きくする。

これからの社会は、不透明で不安定になっていくと思われます。
そういった中で、「どんな社会になっても、きちんと立っていけて、しかも周りから信頼され必要とされる人間」に育つには、一朝一夕に身につくものではなく、努力、苦労の積み重ねによって身につくものであると考えます。

目標に向かってそれを達成すべく努力する経験は、結果はどうあれ、今後の人生に大きくプラスになります。

そして、その努力は大きければ大きいほど人生の糧となるはずです。

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

帰りの車の中で、長男とこの事を話をしていた時に「お母さんは頑張ってる?」って聞かれました。

最近「今まで頑張ってきたし、50歳にもなるし、この位でいいか・・・」って甘えている自分がいました。
ですから、長男に聞かれて、すぐに「頑張ってる!!」って答えられなかったんですね。

これって、お客様にとても失礼なこと。
頑張れないのなら、努力できないのなら、仕事を続ける資格はありません。

若い頃と同じようにはできませんが、今の自分にできる精一杯の努力をしてまいります。

頑張れ受験生!!そしてワタシ!!!

2015/7/27(月)

こんにちは。早坂です。

先日、高校時代の友人達と食事をしたのですが、その話題の殆どが「老化」について。

4月から新しい職場に勤務した友人は、あまりの物忘れと段取りの悪さに「もしかしたら若年性認知証なのでは?」と不安になったそう。
そこで、「こころの医療センター」で検査をしてもらったのだとか。

いくつかのテストとCTを撮り、結果問題なしとの事。
(問診表の「来院はどなたかの紹介ですか?」の質問に「自己判断で来院」と書いた友人。その時点で大丈夫だわね。)

しかし、それでも納得できなかった友人は今度は婦人科を訪問。

「ホルモンの検査とかしたの?」と聞いたところ
「ううん。問診表を見ただけで「加齢による物忘れ。気にしすぎ。」って言われたわ。」

それを聞いた別の友人「実は私も、脳が萎縮しているんじゃないかと思って、この前MRIを撮ったの。」

結果、やはりこちらも問題なし。
「加齢による物忘れ」ね。

「ねぇ、これからもっと、もっと、物忘れしたり、集中力が続かなくなるって事?仕事続けていけるかしら?」と大いに不安に襲われた夜でした。

でね、何が言いたいのかというと、若いご夫婦が住宅ローンを組む際に、現在の収入がご夫婦ともに、ずーーっと続く前提で目一杯借入すると、どんなに身体がしんどくなっても、辞めることはもちろんの事、休職することもできないって事です。

先日ご来店されたご夫婦の借入予定額を聞いて「大丈夫なの?」と不安になったものですから書いてみました。

ハウスメーカーさんや銀行さんのいう「この位の借入でしたら大丈夫です!」の『大丈夫』は、「現在の年収に対してその金額が借入できる。」という意味で「大丈夫、その金額でしたら返済していけます。」という意味ではありませんので、慎重に判断して下さいね。

2015/7/14(火)

こんにちは。早坂です。

今日も暑い1日ですね。
明日は羽黒山の「花祭り」が行われます。
前日の今日は、午後から手向地区の小学生、中学生の子ども神輿が地域を巡ります。

次男にとっては最後の花祭り。
昨日から楽しみにしていましたが、無事に終わったかしら?

ありがたいことに、この暑さでもご案内は入ります。
今日ご案内したお住まいは、風通しが良く、お客様はサラリとしていらっしゃいましたが、私だけ滝のような汗。
片時もタオルは手放せません。

事務所の中は涼しいですが、事務所の中にいるだけでは仕事になりません。
今年の夏は、もっと、もっと汗かいて仕事をしようと思います。

無理をせずに、がんばりましょうね☆

2015/7/6(月)

こんにちは。早坂です。

去年の今頃、長男&次男の部活動の会計を引き受けたワタシ。(←バカッ)
「来年の今頃(総会の準備)は大変だろうな〜」なんて思っていたけど1年は早い。
あっという間にその時期はやってきた。

前任者の会計帳簿はとても美しく「ここまでするのか〜」と思うとめまいがしたけど、やらない訳にはいかない。

それでも「会計が合っていればキレイじゃなくてもいいはず!きっと大丈夫!!」と自分をなぐさめ、どうにか昨日完成させました。

あとは、監査をしていただき、来週行われる総会を待つのみ。
いよいよ全ての部活動行事が終わり、仕事に全力投球します!

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

さて、先日行ってきた「鶴岡リノベーションスクール」。
和室2部屋に50名〜60名の参加者がギッシリ。
すごい人でした。

不動産業者さんは私を含め2名だけ。(たぶん)
建築関係の方が多いようでした。

まず初めに「東京R不動産」を運営している、東北芸術工科大学の馬場正尊氏のお話。
私「東京R不動産」の本を持っていて、講師の方を知らずに参加したものだから、講師紹介を聞いてビックリ!
「来て良かった!」って思いました。

鶴岡においてどこまで出来るのか、難しいことも多いのでしょうが、実現できたら鶴岡はステキな街になるんだろうな〜☆と、嬉しい気持ちになりました。

その後、鶴岡にIターンされて、それぞれの分野で活躍されている3名の方のお話がありました。

講師の先生もおっしゃっていましたが、人口13万人の地方都市にこれだけの人材がいる鶴岡ってすごいかも。
きっと、もっと多くの方々が活躍されているんでしょうね。

普段、自分と価値観の似た方とのお付き合いが多いだけに、違う価値観を持った方のお話を聞くのは新鮮でした。

次回のスクールは、8月開催の予定のようです。

2015/7/3(金)

こんばんは。早坂です。

先日、お世話になっているお客様に「早坂さん、今の時期は忙しい?」と聞かれたんですね。
そんなに忙しくはないのですが、「ヒマです」というよりは「忙しい」って言ったほうが印象が良いかな・・・と思い「少し忙しいです。」とチョッピリ話しを盛ったんです。

そしたら「お客さんを紹介しようと思ったけど、忙しいんならダメだの〜」と言われて焦りました。

「いや、いや、全然大丈夫です!!ぜひご紹介下さい!!!」とお願いしましたが、言葉って難しい。

正直、イスに座る時間も無い位に「忙しい〜!!」なんて日は、1年に10日あるかどうかです。
常に時間は余裕があります。 ( ̄∇ ̄)v

私どもでお手伝いできることがありましたら何なりとお申し付け下さいませ。

さて、今日はこれから山王町江鶴亭で「鶴岡リノベーションスクール」に参加してきます。
どんなお話しが聞けるのか楽しみ。勉強してきます!


Copyright (C) 2004 不動産共同センター All Rights Reserved